「1800mなのに」意外なデータで絞られた、たった1頭の推奨馬

重賞データ攻略
アンタレスS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気の中心は今回もやはり4歳馬になりそうなメンバー構成。先のマーチSは一矢報いた年長勢だが、今回は果たして…。強豪ひしめくアンタレスS攻略の鍵は「距離」にあり!

距離短縮組が中心

 2012年から阪神のダート1800mへ舞台を移して今年で8年目。過去7回を振り返ると、浮かび上がってきたのは距離短縮組の活躍である。

前走距離別成績(過去7年)
1400m〔0.0.0.6〕
1600m〔0.1.0.6〕
1800m〔1.3.6.53〕
1900m〔4.2.0.6〕
2000m〔2.0.0.12〕
2100m以上〔0.1.1.8〕
距離延長〔0.1.0.12〕
距離短縮〔6.3.1.26〕

 レース毎の成績で目立つのはダート1900mで行われている交流重賞の名古屋大賞典組で、こちらは〔3.2.0.4〕と連対率55.6%を誇る。一方、条件が似ていて施行時期も近い、中山ダート1800mのマーチS組は〔0.2.2.40〕と一息。

 基本的には長目の距離を経験してきていることがアドバンテージになるということだろう。過去7年の連対馬14頭のうち11頭に「ダート1900m以上で1着」の実績があった。例外の3頭中2頭にもダート1900m以上で2着以内の実績があり、距離実績は必須とも言える。

軸ならコレ一択!

 その他の実績面では、阪神ダートで1着(連対馬14頭中11頭)、中央の重賞で2着以内(連対馬14頭中11頭)というのがポイント。この2点に加え、距離短縮組で前述の「ダート1900m以上で1着」もクリアしたのはグリムメイショウスミトモの2頭だけである。

 ただし、メイショウスミトモは近走一息。過去7年で前走10着以下のグループは〔0.1.3.33〕、7歳以上の高齢馬も〔0.1.1.29〕となっており、馬券の軸ならグリムで決まり。

推奨馬

グリム

グリム

軸馬推奨は名古屋大賞典の勝ち馬グリム(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・人気
  • 想定騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル