平成最後も「荒れる」 高配当の使者に共通する4つのポイント

重賞データ攻略
新潟大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 過去10年で1番人気の連対は1度だけ、半数の5回が馬連万馬券と「荒れる」新潟大賞典が、平成最後のJRA重賞となる。高配当の使者に共通するポイントとは…!?

前走大敗でも問題ナシ!

 1番人気は過去10年で〔0.1.2.7〕と信頼度は低い。一方、トップハンデ馬は〔2.2.1.12〕だが、57.5キロ以上になると〔0.0.0.8〕とこちらもサッパリ。ハンデ戦らしく人気薄の好走が目立つレースであり、10番人気以下が〔1.5.1.61〕、4年連続で馬券に絡んでいる。

新潟大賞典2桁人気馬の好走例(過去10年)
2009年 16番人気2着 ニホンピロレガーロ 前走・大阪ハンブルクC(OP)2着
2011年 10番人気2着 マッハヴェロシティ 前走・中山金杯(GIII)15着
2012年 11番人気2着 ダンツホウテイ 前走・大阪杯(GII)11着
2015年 13番人気2着 ナカヤマナイト 前走・中山記念(GII)8着
2016年 10番人気1着 パッションダンス 前走・フェブラリーS(GI)16着
2017年 11番人気2着 マイネルフロスト 前走・AJCC(GII)11着
2018年 11番人気3着 ナスノセイカン 前走・日経賞(GII)13着

 上に挙げた7頭を見ると、前走が大敗でも巻き返しているという点に加えて、7頭中5頭が前走・GII以上からの臨戦という点もポイントと言えそう。前走・1600万組が〔0.0.1.11〕だから、勢いのある馬よりも、元々の実績がある馬に着目したいところだ。

穴馬激走のポイントは…?

 人気薄で好走した7頭について、その共通点は以下のようになる。

2桁人気好走馬のポイント(過去10年)

  • 同年にGII以上のレースに出走(7頭中6頭)
  • 芝2000mで連対(7頭中7頭)
  • 重賞で連対(7頭中5頭)
  • 新潟外回り・コース改修後の中京・東京のいずれかで1着(7頭中6頭)

 以上の4点をすべてクリアした中で、人気薄と呼べそうなのはショウナンバッハスズカデヴィアスの2頭。前者は2017年以降、左回りの芝2000m重賞で4着・3着・2着・12着。12着の前走は不得手な稍重馬場だった。後者は説明不要ともいえる昨年の覇者。この2頭が穴候補。

注目馬

ショウナンバッハ
スズカデヴィアス

スズカデヴィアス

昨年の覇者スズカデヴィアスだが近走が冴えず人気薄(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル