好走条件クリアは7頭だが… さらなる分析で炙り出した新潟マイル向きの2頭

重賞データ攻略
新潟2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年の勝ち馬ケイデンスコールは今春のNHKマイルCで2着に好走。新潟外回りの長い直線を乗り越えたその先に見えるのは、マイル路線で活躍する未来図か。

とにかく決め手は必須

 658mという長さを誇る新潟外回りコースで行われる新潟2歳S。それゆえに決め手が最優先されるレースでもあり、上がり3Fが1~2位だった馬が過去10年で〔10.6.2.4〕と、極めて高い好走率を誇る。末脚比べで優位に立てる馬を探していきたい。

新潟2歳Sのポイント(過去10年)

  • 前走で新馬・未勝利勝ち(例外は1~3着に1頭ずつ)
  • 前走が1400m~1600m(勝ち馬全てが該当)
  • 前走が左回り(勝ち馬全て、連対馬20頭中18頭が該当)
  • 前走3番人気以内(連対馬20頭中16頭が該当)
  • 前走上がり3F1~2位(1~3着馬30頭中28頭が該当)

 例年、出走馬のほとんどがキャリア1~2戦、新馬・未勝利勝ち直後というメンバー構成だけに、必然的に前走の持つ価値は高くなる。上記のポイントを整理すると、左回りの1400m~1600m戦で3番人気以内かつ上がり3F1~2位で勝ち上がっていることが好走の条件。

新潟マイルに強い種牡馬

 前項で挙げたポイントだが、今年のメンバーでこれらを全て満たしたのは合計7頭。これだけでは絞り切れないので、次に新潟マイルにおける該当馬の父の産駒成績を調べてみた。

新潟芝1600m外回りの種牡馬別成績(全期間)
ハーツクライ〔22.13.10.116〕連対率21.7% →ウーマンズハート
ダイワメジャー〔12.18.14.127〕連対率17.5% →ペールエール
ロードカナロア〔7.4.2.20〕連対率33.3% →タイムマシン
オルフェーヴル〔2.3.3.18〕連対率19.2% →モーベット
キズナ〔0.1.0.5〕連対率16.7% →クリアサウンド
キングズベスト〔0.0.0.14〕連対率0.0% →ビッククインバイオ
リアルインパクト〔0.0.0.2〕連対率0.0% →トライフォーリアル

 まず目に付くのはハーツクライ産駒。こちらは単勝回収率も146%と高い水準。また、ロードカナロア産駒も128%の単勝回収率に加え、複勝率も4割近い39.4%。積極的に狙ってみたいのは、ハーツクライ産駒のウーマンズハートと、ロードカナロア産駒のタイムマシン、この2頭だ。

タイムマシン

上がり最速で前走の未勝利戦を制したタイムマシン(赤帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

推奨馬

ウーマンズハート
タイムマシン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル