「これは末恐ろしい」新潟に現れた女傑候補 順調に行けば…

佐藤直文 レース回顧
新潟2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラフラしながら32秒8 ウーマンズハート

 半マイル49秒1、1000mが61秒4という通過ラップは、このレースとしてはかなり遅い流れであり、いくら直線が長くても中団以降の馬たちや4コーナーで外を回った馬にはノーチャンスと言える展開だった。

 ウーマンズハートは、先行勢を前に見ながら中団の前目でピタリと折り合う、同じくスローペースだった前走と同様の競馬で、直線でもスムーズに持ち出されたが、追い出されてフラフラしたあたりはまだ気性面の若さ。ただ、それでもメンバー最速となる上がり32秒8の脚で突き抜けたのだから、これは末恐ろしい牝馬の出現と見ていいだろう。成長力のあるハーツクライ産駒でもあり、順調に行けば来春のクラシックでも主役となれる馬だ。

ウーマンズハート

ウーマンズハート(赤帽)が1番人気に応えて優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ペールエールは、好位で流れに乗って、直線でも馬場のど真ん中から力強い伸び脚を見せたもの。今日のところは勝ち馬を褒めるしかないが、直線では目標にされた上に、自身が1400m戦からの距離延長となった分もあるだろう。この馬も間違いなく走る。

 3着ビッククインバイオは、2番手から逃げ馬を交わした残り400m地点で一旦は完全に抜け出す形。スローペースにも恵まれたとはいえ、なかなかのレースセンスの持ち主と見ていい。

 4着クリアサウンドは、内枠もあって最後まで外へ持ち出すことができなかったが、結果的にロスなく乗られたことが良かったか。

 5着エレナアヴァンティは、前走から1ハロンの距離延長で最後は一杯になったが、それでも掲示板を確保できたのは、前半の貯金とスローペースの分だったろう。

 モーベットは、プラス16キロの馬体に太目感はなく、これは成長分と言えたが、3角過ぎからゴチャついてポジションを上げられなかったのが痛かった。馬群がバラけたゴール前ではそれなりの脚を見せており、次が試金石となるだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル