ただただ強かった 最大のライバルを覚醒させてしまったルメール

佐藤直文 レース回顧
セントウルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の王者にとどまらぬ タワーオブロンドン

 芝でもスピードを如何なく発揮したマテラスカイに、ラブカンプーが絡んでのテン3ハロン33秒0という激流。それがもたらした1分6秒7のレコード決着だったが、それにしてもこの距離では大差と言える2着に3馬身もの水を開けた勝ち馬は、ただただ強かった。

 そのタワーオブロンドン。この距離が3戦目での慣れもあってか、これまでのように追走に苦労することもなく、今日の速い流れでも中団を手応え良く運ぶ形。直線で満を持して外へ持ち出され、残り1ハロンの手前で鞍上からゴーサインが出されると、弾かれたように突き抜けて見せた。前走札幌からの中1週というローテーションは、サマーシリーズ制覇に狙いを定めたものと思えたが、この勝ちっぷりであれば、さらに中2週となるスプリンターズSでも期待が高まった。その本番ではグランアレグリアに騎乗するルメール騎手だが、自らの手で最大のライバルを覚醒させてしまったと言えよう。

タワーオブロンドン

最後は2着馬に3馬身差をつけ快勝のタワーオブロンドン(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ファンタジストは、前でやり合う2頭の直後で運んで、直線でもしっかりと脚を伸ばす上手な競馬ができた。勝ち馬には並ぶ間もなく交わされたとはいえ、先々が楽しみになる走りはできたように思う。

 3着イベリスは、テンに行く構えを見せたものの2頭が速くて控える形。初めての古馬との手合わせで、これまでとは勝手の違う競馬を強いられた上に、直線でもスムーズに追えないシーンがあったことも考えれば、この結果でも評価できる。今日のような厳しい流れを経験したことも、今後に生きるはずだ。

 4着ペイシャフェリシタは、好位のインをロスなく運んで、直線でも逃げた馬の直後から絶好の手応えだったが、そこからスペースを探す形になって満足に追えなかったことが惜しまれる。

 5着キングハートも、枠なりにロスなく運んで自身久々の掲示板確保となる大健闘。本来は時計のかかる馬場が理想だけに、今日の走りはある程度の復調を示すものかもしれない。

 ミスターメロディは、外を回る形だったとはいえ、追走に余裕が感じられ、直線を向いた時点でも手応えは十分にあったように見えたが、追われて全く反応しなかった。本番を見据えた仕上げに加え、58キロの斤量や右回りなど、疑うべき点はあるが、いくら本番に強い藤原英厩舎と言えども、巻き返しは容易ではないと思える負け方だった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル