武豊マイラプソディは「間違いなく…」 コントレイル1強にあらず

佐藤直文 レース回顧
京都2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

今週もまた大物出現 マイラプソディ

 前半1000mが60秒4と、少頭数の2歳戦としては適度な流れ。展開による紛れもなく、各馬が力通りという着順になったように思う。

 マイラプソディは、序盤は後方で折り合いを付けてジックリと構え、3コーナー手前から徐々にポジションを上げて4コーナーでは射程圏に。京都内回りを意識した形の運びだったが、ラスト1ハロンで2着馬を並ぶ間もなく交わしての完勝だった。直線を向いたところで一瞬反応が悪くなり、鞍上武豊Jのステッキが2発入ったあたりが、今後の課題かもしれないが、間違いなくクラシックを賑わせる一頭が、先週のコントレイルに続き出現したと言えよう。

マイラプソディ

1倍台の人気に推されたマイラプソディが2馬身差でV(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ミヤマザクラは、勝ち馬には完敗の形だが、3着以下の差を広げて、前走のレコード勝ちに恥じない走りであった。ディープ産駒ではあるが、速い脚よりも長くいい脚を使うタイプで、距離はまだ延びて良さそう。オークスあたりでは期待できそうだ。

 3着ロールオブサンダーは、淀みのないペースの逃げで自分の競馬に徹したが、上位2頭とは力の差があったか。今後の成長を待ちたいところだ。

 4着トウカイデュエルは、後方から直線でよく差を詰めていたが、もう少し時計のかかる馬場が理想のタイプか。

 ヒシタイザンは、ハナへ行き切れず気負いが目立つ走りだったが、ここまで大きく負けるのは2000mは少し距離が長いのかもしれない。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル