脚を余した人気馬も… 「ちょっとした差」がクイーンSの勝負を分ける

佐藤直文 レース回顧
クイーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

最内枠からロスのない立ち回り レッドアネモス

 勝ち馬から9着までがコンマ4秒差という決着は、ハンデ戦やスローペースでというのならまだしも、別定戦で前半1000m通過が58秒2の厳しいペースを考えれば、そもそも実力が拮抗したメンバー構成だったと言える。加えて、そんな流れの中でラスト3ハロンのラップも全て12秒0、そしてレコードにコンマ2秒差という高速決着では、ちょっとした立ち回りの差が勝負を分けた感を受ける。

 レッドアネモスは、枠なりに中団のインを運んで巧く脚が溜まった上に、直線でもスムーズに進路が開いて持ち前の末脚を生かし切ったもの。流れも味方したとはいえ、初コースでの内枠が鍵となった中で、ジョッキーも巧く立ち回っての鮮やかな勝利だった。3歳勢が不在の今回において、4歳馬が世代レベルの高さも示したと言えよう。

 2着ビーチサンバは、やや立ち遅れ気味のスタートで後方から。勝負どころでは勝ち馬の直後のポジションだったが、そこから直線で大外まで持ち出すロスの分だけ届かなかった。やはり、小回りよりも広いコースでこそのタイプだろう。

 3着スカーレットカラーは、これまた勝負どころでは勝ち馬の後ろのインにいたが、巧く進路が開いた勝ち馬とは対照的に、少し追い出しを待たされて脚を余してしまった印象。

 4着シャドウディーヴァは、勝負どころから外を回って追い上げる形で、上位3頭と比べてもロスが大きかったが、それでいてこの着差。近走では結果が出ていなかったが、力を改めて示す一戦だった。

 5着カリビアンゴールドは、勝負どころから勝ちに動いて行って、直線半ばでも一旦は先頭に立つシーン。流れを考えれば強い競馬はしている。

 フェアリーポルカは、6着でも大きく負けたわけではないが、滞在競馬でカイバ食いも良くてのプラス18キロと、56キロの斤量も微妙に響いたか。

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

有馬記念特集

2020年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル