【スプリンターズS回顧】快挙の裏で、メイケイエールにいったい何が… “絶好”からまさかの大敗

佐藤直文 レース回顧
スプリンターズS

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

7歳にして掴み取ったビッグタイトル ジャンダルムが見事なまでの母子制覇

 決着タイムの1分7秒8は、全体的に時計がかかる最終週に組まれるこのレースとしてはそこまで遅くはないのだが、さほど状態に変わりはなかった前日土曜の古馬2勝クラスが1分7秒7だったのなら、少し時計がかかり過ぎと見ていい。この時計の決着であれば、余計に立ち回りの巧拙が結果を左右したと言えるだろう。

 ジャンダルムは、一番のスタートを決めた上で行きたい馬に先を譲っての好位3番手。枠順にも恵まれたとはいえ、逃げた馬に並びかけた4コーナーでの手応えは、その時点で勝ち負け確定と思えたほどだった。最後は詰め寄られはしたが、内容的には完勝。外枠を引いて何もできなかった前走とは対照的に、抜群の立ち回りで7歳にして母子制覇を成し遂げた。

ジャンダルム

人馬ともにGI初制覇、ジャンダルムと荻野極騎手

 2着ウインマーベルは、スタート直後にゴチャついて思い通りのポジションを取れなかったが、直線では急坂の途中で馬群を割って勝ち馬に際どく迫ったもの。来年は主役として戦える馬だろう。

 3着ナランフレグは、序盤はいつも通りの後方からとなったが、枠なりにロスのない立ち回りで、直線でも馬群を捌きながらの鋭い伸び。結果3着でも高松宮記念勝ちがフロックではなかったことを証明する走りだった。

 4着ダイアトニックは、内枠を利して勝ち馬の後ろのポジションに収まり、直線でも見せ場を作ったが最後は決め手の差で伸び負けたもの。時計のかかる馬場も味方に付けての好走だった。

 5着ナムラクレアは、前走の北九州記念は枠順も厳しく思うような位置で運べなかったが、今日の枠なら函館スプリントSのような積極的な競馬もできたのではないか。結果的に4コーナーであれだけ外を回らされては、ここまでが精一杯だったか。

 シュネルマイスターは、そこまでの速さではなかった今日の流れでも付いて行けなかったあたり、やはり1200mの馬ではなかった印象。メイケイエールは、パドックでも絶好の気配に映ったが、やはりレコード勝ちの反動が出てしまったか。先週土曜の坂路で叩き出した好時計も元気のいい証拠と思っていたが、3~4コーナーの勝負どころで鞍上に促されながらも反応できなかったあたり、状態が本物ではなかったと見るべきだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル