【京成杯回顧】「横山典の教え」実を結んだダノンデサイル 1番人気ジュンゴールドは説明つかぬ大敗

佐藤直文 レース回顧
京成杯

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

“一戦入魂”の騎乗でV 更なる高みへダノンデサイル

 1000m通過60秒7のラップはけっしてスローとは言えないが、前日に雨を貰ったとはいえ例年よりも高速化している今年の馬場では、さほど速くはない流れ。クラシックへのローテーションが多様化する中で、昨年は久々にクラシックホースを生んだレースだが、果たして今年も大物を生み出すのかは興味深いところだ。

 ダノンデサイルは、出負けして後方からとなった前走とは違い、スタートを互角に出て好位4、5番手をキープできたことで第一関門をクリア。3コーナーを過ぎてからの鞍上の仕掛けには、即座に応えることこそできなかったが、直線を向いて坂を上がってからグンと脚を伸ばしての快勝劇だった。ここまで競馬を教えながら乗ってきた横山典騎手だが、前走である程度の手応えを掴み、ここは何としてでも勝ちに行かんとする一戦入魂の騎乗だったように思う。ただ、4コーナーで外へフクれるなど、まだ課題は十分に残す現状で、潜在能力の高さに心身面の成長が追い付いてくれば、大舞台での好走も期待できるだろう。

ダノンデサイル

今回は発馬を決めた5番人気ダノンデサイルがベテラン横山典に導かれ重賞V

 2着アーバンシックは、今日の流れで後方からジックリと運ぶ形では厳しかったと言えるが、4コーナーでも外へ持ち出さず、馬群の中から脚を伸ばすことができたのは、今後に繋がる収穫の大きい一戦だったろう。

 3着コスモブッドレアは、主導権こそ奪えなかったが2番手を手応え良く追走し、直線を向いて坂を上がったところでも一旦は抜け出すシーン。最後は上位2頭の決め手に屈したものの、現状では逃げもしくは今日の形が理想だろう。

 4着ハヤテノフクノスケは、道中3番手から直線を向いて一旦は抜け出すかの手応えだったが、最後は3着馬に競り負けてのゴール。ただ、まだこれから良くなっていきそうな馬だ。

 バードウォッチャーは、成長分を差し引いても少し重いかと思えたプラス10キロの馬体もあったが、今日のところは経験の差。この馬もまた、まだこれからだろう。ジュンゴールドは、外枠から力みが目立つ追走だったことは確かだが、それにしてもこれだけ負けたのは状態面にも問題があったか。しっかり立て直しての巻き返しに期待したい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。