強み如何なく発揮マイネルグリット 連勝継続への課題は…

佐藤直文 レース回顧
小倉2歳S

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

雨の小倉に無傷の王者誕生 マイネルグリット

 1分10秒5という近年にない遅い決着タイムが示す通りの悪化した馬場状態。これをテンの3ハロン33秒7で前が引っ張る流れは、明らかに差し・追込馬向きだったと言わざるを得ない。

 マイネルグリットは、内から鮮やかに抜け出した前走とは違う競馬が求められる馬場だったが、前を見る形で手応え良く追走し、勝負どころからは初戦で道悪を経験した強みを如何なく発揮して早目に先頭に立ち、後続の追撃を凌ぎ切った形。レースセンスや器用さで他馬に優っていた感を受けたが、今後の課題は速い時計の決着への対応だろう。

マイネルグリット

マイネルグリットが新馬、OP、重賞と3連勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着トリプルエースは、出負けして最後方からの競馬となった上に、勝負どころで押し上げて行ったところで前が詰まるシーンもあったが、それで脚が溜まったこともあってか、直線では馬群を割って鋭い伸びを見せたもの。馬場や展開も向いたとはいえ、最後まで伸びていたあたり、もう少し距離があった方がいいかもしれない。

 3着ラウダシオンも、出脚が鈍く後方から運ぶ形となったが、直線で大外に持ち出されてからはなかなかの脚を見せた。これまた距離はもっとあって良さそうだ。

 4着ゼンノジャスタは、枠なりに外を回りながら勝ち馬を目標に運んでいたが、勝負どころで離された差が最後まで詰まらなかった。

 5着カイルアコナは、前述した速い流れを追いかけたのだから仕方のない結果で、むしろそれで掲示板を確保したのなら力は示したと言える。

 テーオーマルクスにも同様のことが言える。同じ流れでも良馬場であったなら、5着馬とともに押し切るシーンもあったろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オークス的中 払戻金31万4700円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル