千四で5馬身V グランアレグリアがはっきりと示したモノ

佐藤直文 レース回顧
阪神カップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来年へ向けてこの上ないステップ グランアレグリア

 前半3ハロンが33秒9という適度なラップ。Bコースへ替わって外を回っての差しが利きずらい馬場だったとはいえ、脚質にかかわらず各馬が力を出し切れる流れだった。

 グランアレグリアは、道中は中団のインで包まれる形だったが、直線を向いた時点では鞍上が持ったままでどこを割ろうかという手応え。進路が見つかると一気に抜け出しての5馬身差は、力が一枚も二枚も違うと言わんばかりの圧勝劇であった。今回の1400mは初めてだったとはいえ、回避したものの陣営が秋の目標をスプリンターズSに置いていたほどであり、マイルのみならずスプリント路線でも頂点に立つだけの性能をはっきりと示したと言える。

グランアレグリア

7ヶ月半ぶりのグランアレグリアが完勝のゴール(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着フィアーノロマーノは、これまた距離短縮ということもあってか、好位で運ぶことができなかったが、中団で揉まれながらも直線でしっかりと馬群を捌く競馬ができたのは大きな収穫だ。南半球産の遅生まれで、まだまだ成長しそうな馬であり、来年も楽しみである。

 3着メイショウショウブは、けっして楽なペースでの先行ではなかったが、勝ち馬に交わされてからも止まることなくよく粘っていた。これまた久々の1400m戦だったが、結果を出せたことで今後の選択肢も広がるだろう。

 4着レッツゴードンキは、枠なりに中団のインをロスなく回り、自分の競馬に徹して2着とは僅差の競馬。これが引退レースであったが、7歳の暮れまで一線級と伍して戦い続けた頑張りには頭が下がる。

 5着ノーワンは、出遅れて後方からとなったが、直線でも内を捌いて差を詰めた形。フィーリーズレビュー勝ちもあるように、このコースも合っているのだろう。

 マイスタイルは、好位で流れに乗れていたが、追い出されてからいつもの反応がなかった。そのあたりは、状態面でピークだった前走ほどのデキになかったと言えるが、自在性を身に付けたとはいえ、やはりハナへ行く競馬の方がいいのかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル