中山記念と毎日王冠は「隠れGI」とも言っていいレース

佐藤直文 レース回顧
中山記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

強豪たちを一蹴 ダノンキングリー

 今年も出走馬の半数を超える5頭のGI馬が集結したハイレベルの戦いとなったが、この1800mではGIの施行がない中で、同じく好メンバーが揃う毎日王冠とともに“隠れGI”とも言っていいレースだろう。そんな隠れGIを2つとも制覇した勝ち馬は、当然のことながら本物のGIにいつでも手が届いていいレベルに達しているはずだ。

 そのダノンキングリー。前2頭が飛ばす展開だったが、それ以外はスローな流れの中で、離れた3番手を手応え良く運び、4コーナー手前の勝負どころで一気に加速。前を掴まえるだけでなく、後続との差も一気に広げたことで、全く危な気のない完勝ぶりであった。鞍上もおそらく理想的なレースができたとは思うが、その鞍上の指示通りに立ち回ることができたこと自体、明け4歳を迎えての成長の証でもあり、予定している大阪杯でも楽しみが増す存在となった。

ダノンキングリー

GI未勝利馬ながら1番人気に推されたダノンキングリーが快勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ラッキーライラックは、道中は勝ち馬を前に見る絶好のポジションで運べていたが、勝負どころでの勝ち馬の一気の加速に対応し切れなかったもの。戦前はこの1800mがベストの馬かと思っていたのだが、今のこの馬にとっては2000mか2200mがベストかもしれない。

 3着ソウルスターリングは、プラス18キロでも太目感はなく、ラストランのここへ向けてキッチリと仕上げてきた印象。2番手からリズム良く走ることができたもので、力は出し切れたように思う。

 4着インディチャンプは、課題とされていたコーナー4回の競馬自体には対応できていたと思うが、直線でもう一つ伸びを欠いたのは58キロの斤量と、やはり距離。馬体に余裕があったことを考えても、安田記念の連覇へ向けては悲観すべき内容ではないはずだ。

 5着ペルシアンナイトは、喧伝されているほど久々はダメな馬ではないと思うのだが、今日の走りからはやはり叩き良化型であることを再認識させられた印象。

 3連覇を狙ったウインブライトは、主戦不在の影響以上に、過去2年とは臨戦態勢が違っていたことが主たる敗因だろう。戦績を振り返れば、この馬もまた叩いて良くなるタイプである。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル