ダノンスマッシュ完勝 そして、2着ナックビーナスにも賛辞を

佐藤直文 レース回顧
オーシャンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

今年こそタイトルを ダノンスマッシュ

 3週後に控える高松宮記念の有力馬が揃い踏む形となったが、今の少し時計のかかる馬場での1分7秒4という決着タイムも優秀であり、顔ぶれに違わぬハイレベルな戦いであった。

 ダノンスマッシュは、スタートで立ち遅れたものの、巧くスペースを見つけてスッと好位へ。外枠であったなら、こうは巧く運べなかったかもしれないが、絶好の手応えで直線を向くと危な気なく抜け出す完勝であった。昨年は春秋ともに1番人気に推されながらGIタイトルを逃したが、今年こその期待が高まる勝ちっぷりだったと言えよう。

ダノンスマッシュ

重賞4勝目のダノンスマッシュが次に欲しいのはGIタイトル(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ナックビーナスは、このところハナへ行く競馬が続いていたが、今回は行きたい馬を行かせて2番手に控える形。もちろんこういう競馬でも結果を出してきた馬であり、状態の良さも相まって完璧なレースができたが、相手が悪かったと言うしかない。これでこのレースは4年連続の2着であり、本当に頭の下がる馬である。

 3着タワーオブロンドンは、内枠を味方に付けた勝ち馬とは対照的に、こちらはできれば外へ持ち出したいタイプ。それが叶わなかった上に、追われての反応も一息だったが、これは58キロの斤量ではなく5ヶ月ぶりの久々だった分と見ていいだろう。今日のところは完敗でも、次は確実に変わってくるはずだ。

 4着グランドボヌールは、中団から差す形の競馬でアワヤ馬券圏のシーンを作ったが、こういう競馬を続けていけば芝の重賞でもどこかでチャンスはありそうだ。

 5着キングハートは、一昨年の勝ち馬として、らしい伸びは見せたものの、年齢的にもここまでが精一杯だったか。

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル