箱に残った“希望”をこの舞台で ショウナンパンドラが女帝の歴史を継ぐ

佐藤直文 レース回顧
ジャパンカップ京阪杯京都2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週も武豊 ドレッドノータス 【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】

 前半1000m通過が61秒7のスローな流れ。逃げた馬と2番手の馬が入れ替わっただけの前残り決着も当然と言えるが、それでも2分1秒3の決着タイムは悪くない。順調に育てば、ここからクラシックへ、という馬が出てきても不思議はない。

 その可能性が最も高いのが、もちろん勝ったドレッドノータスだ。勝負弱い馬が多いハービンジャー産駒でありながら、最後に競り勝った点は評価できるし、前述したように時計も優秀。これで武豊騎手は3週連続で2歳重賞を制したことになるが、“ジャニーズ事務所みたい”というコメントもあったように、クラシックではどれを選ぶかうれしい悩みを抱えそうだ。

ドレッドノータス

2番手から逃げ馬を競り落として優勝したドレッドノータス(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着リスペクトアースは、絶妙のペースで運べたことが大きかったが、時計は大幅に短縮したものであり、素質の高さは示したと言える。控える形でどうか、などの課題はあるが、先々が楽しみな一頭だ。

 3着アドマイヤエイカンは、自分で動いていかざるを得ない流れで、あれだけ早目に動いては、最後にキレ負けしてしまったのも仕方ない。悲観すべき負け方ではなく、ハーツクライ産駒なら今後の成長も期待できるはずだ。

 ロライマは、スタートをボコッと出る形の出遅れで、気性的な難しさが感じられた。4角シンガリから上がりは最速だったように、これまた悲観すべき内容ではないが、体型からは距離が短い方がいいのでは、との印象も受けた。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル