ダートにも女帝誕生 サンビスタ&ミルコが歴史を塗り替える

佐藤直文 レース回顧
チャンピオンズカップ金鯱賞ステイヤーズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

更なる高みを目指せる アルバート 【ステイヤーズS】

 暮れの名物となっているマラソンレースは、単調に流れて上がりの競馬となる年もあるが、今年は道中で我慢できない馬が多く、ガチャガチャとした流れになった。人間のマラソンでもそうだが、途中でペースを上げたり下げたりする選手は最後に脱落し、先頭集団の中でジッと脚を溜めていた選手が抜け出すもの。同じことが言えた一戦だった。

 アルバートは、前半は後方でジックリと脚を溜め、勝負どころから徐々に進出する形。直線では坂下から馬群を割って、ラスト1ハロンで後続に5馬身差を付ける圧勝だった。入れ代わり立ち代わりの流れの中で、全く無駄な動きをしなかったムーア騎手の、これまた完璧な騎乗ぶりも見事だったが、馬の成長に合わせて使って行く堀厩舎らしいブレイクであり、このあとは有馬記念へ行っても楽しめそうだ。

アルバート

道中溜め込んだ末脚を爆発させたアルバート(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着カムフィーも、道中は後方でジックリと構え、4コーナーで巧く外へ持ち出して脚を伸ばしたもの。掛かっていた有力どころとは対象的に、キッチリと折り合えていたことが好走の最大の因であり、こちらもベテラン横山典騎手の面目躍如と言ったところか。

 トゥインクルもまた、2着馬同様の競馬で、4コーナーで大外を回った分のクビ差3着。条件級からの挑戦という点でも2着馬と同じだったが、長距離戦ではいかに道中で折り合えるかが勝負の鍵を握るものであり、今回のような別定戦であっても、格は関係ないと見るべきだ。

 メイショウカドマツは、自分のポジションで運んだとはいえ、終始掛かり気味。ただ、長距離に実績を残しているものの、3600mは少し長いのかもしれない。ファタモルガーナも、持ってかれ気味の追走だったことが最大の敗因だろう。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル