ダンスディレクターはGIを獲れる器 ビッグアーサーは“仕方ない”

佐藤直文 レース回顧
シルクロードS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくの初重賞 ダンスディレクター

 前半3ハロンが33秒7と、渋った馬場を考えれば速めの流れだったが、このラップは離して逃げたローレルベローチェのものであり、2番手以下の馬たちにとってはけっして速い流れではなかった。後方から32秒6と、最速の上がりで鋭く伸びたヒルノデイバローが7着止まりであったように、差し馬には辛い展開であった。

 ダンスディレクターにとって、最内枠をどう捌くかがひとつの鍵であったが、スタートが決まった上に、前述したようにさほど速くない流れとなったことで、好位のインを立ち回ることができた。これだけロスなく運んで、いつも通りのキレ味を発揮できたのなら、ちょっと他の馬は太刀打ちできない。1400mでも実績を積んでいるとはいえ、今日のような競馬ができれば1200mがベストだろう。6歳とはいえ、まだ16戦と消耗しておらず、GIを獲れるだけの器と見ていい。

ダンスディレクター

経済コース追走からキレ味を見せつけたダンスディレクター(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ローレルベローチェにとっては、同型をどう捌くが鍵だったが、好スタートを決め、ハナを争うと見られていたアクティブミノルがスッと引いたことで、苦もなくハナを切ることができた。けっしてマイペースとは言えない33秒台のラップを刻んでも、競られたり突付かれたりはしていない離し逃げになったことで、全くストレスが生じず、前半の貯金を生かし切った形だ。

 2着馬と同じ淀短距離S組が3、4着までを占めたが、3着ワキノブレイブは道中が勝ち馬の外という絶好の位置取りで、ラストもしっかりと脚を伸ばした。今日のような少し時計のかかる馬場も良かったのだろう。4着セカンドテーブルは、2番手で運んだとはいえ、マイペースで逃げているのと同じ形で粘り込んだもの。

 5着ビッグアーサーにとっては、上位4頭が真ん中から内の枠の馬が占めたように、大外枠がアダとなってしまったか。どこかで内に潜り込むことができれば良かったのだが、そのスペースもタイミングもなかったもので、今日のところは仕方ない。とはいえ、目指す高松宮記念出走に向けて、2戦連続で賞金を加算できなかったのは痛い。もう1戦(阪急杯かオーシャンSか)使って出走を叶えたとしても、本番をピークの状態で迎えられるかどうか。

 サトノルパンは、ウィークポイントであるスタートがまたも決まらなかった。出遅れにから中団に押し上げるまでに脚を使わざるを得ず、同じく出遅れながらも無理なく好位に進出した前走とは走り自体が違っていた。1200mに転じて重賞制覇と“開眼”したものの、やはり発馬のロスを挽回しやすい1400mか1600mの方がいいと思える。前述したように最速の上がりだったヒルノデイバローは、出遅れて脚が溜まったと見ることもできるが、芝適性を示す内容で、今後に繋がりそうだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル