メジャーエンブレムは大丈夫? クイーンCをデータで攻略

重賞データ攻略
クイーンカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なんと言っても昨年2着のミッキークイーンがここから大きく羽ばたいたのが印象深い。今年は2歳女王のメジャーエンブレムが出走とあって要チェックの一戦。

中心は阪神JF組&フェアリーS組

 過去5年の結果を見ると、やはり前走・阪神JF組の強さが目立つ。

  • 前走阪神JF組〔2.3.1.5〕
  • 前走フェアリーS〔1.1.2.8〕
  • 前走500万下〔2.0.1.20〕

 阪神JF組で馬券に絡んだ馬については「6着以内」か「5番人気以内」がボーダーライン。視点を変えて、勝ち馬の条件を見ていくと、

  • 前走の着差は0.5秒差まで→0.6秒差以上の敗戦〔0.0.1.20〕
  • 勝ち馬は前走3着以内

 よって◎はメジャーエンブレムが妥当。過去10年、阪神JF勝ち馬の次走成績は〔3.3.1.2〕とそもそもが安定しているが、阪神JFを1番人気で勝った2頭(ブエナビスタ、レーヴディソール)はともに次戦を勝利。取りこぼしたアルテミスSの借りはキッチリ返したい。

メジャーエンブレム

ここは阪神JF勝ち馬の次走成績データを素直に信頼(撮影:日刊ゲンダイ)

相手選びが難解?

 他の阪神JF組では6着だったペルソナリテがギリギリ押さえられるライン。東京コース実績もあり、牡馬相手に2連勝は立派の一言。

 一方、フェアリーS組で0.6秒差以上負けていないのは、勝ったビービーバーレルと2着のダイワドレッサー。ここは素直に押さえておきたいところ。

 前走500万組からは勝ち馬が2頭出ているが、この2頭はともに前走の500万下で牡馬を相手に勝ち上がってきた馬。今年はそれに該当する馬はおらず、人気の一角になりそうなサプルマインドもそれほど信用してはいけない物件かもしれない。3着候補なら…か。

 新馬・未勝利勝ち直後だった馬が過去5年で2頭馬券に絡んでいるが、共通点は「マイル戦」で「0.2秒差以上の勝利」を挙げていること。今回のメンバーでは、ルフォールが東京のマイル戦で牡馬を相手に0.2秒差で新馬勝ちしている。狙うならここか。

結論

◎メジャーエンブレム
△ペルソナリテ
△ビービーバーレル
△ダイワドレッサー
△ルフォール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル