GI馬3頭の評価に明暗 阪急杯のTM座談会

優馬TM座談会
阪急杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明暗を分けるGI馬たち

デスク「ここは実績上位で、人気にもなると思えるミッキーアイルの印が結構薄いんだよな。やっぱり、ずっと手綱を取ってきた浜中からの乗り替わりが影響しそうなのかな」

田崎「それもありますけど、近走で人気ほどの走りができていないことも確かですよね」

「以前は調教でもがむしゃらさが目立っていた馬やけど、ここ2週の気配や動きからはそんなところも見せへんし、精神面の成長がありそうやね。“この馬のリズムで走らせて、いいレースをしたい”と松山騎手は言うてたそうやけど、香港はともかくスプリンターズSはこの馬のリズムではなかったものやし、ゲートを出て普通に回ってスピードを殺すことなくコメント通りの競馬ができれば、レコードで勝っておかしない思うわ」

桜井「昨年のこのレースは、スピードを削がれる不良馬場で、58キロを背負ってのハナ差惜敗ですから、負けて強しの内容でしたよね」

瀬古「前走の香港では、調教からレースまで輸送のない滞在競馬が初めてだったためか、担当の平井助手は“スイッチが切り替わらなかったのかも”という見解でした。それも含めてなかなか結果が出なかった昨年は控えるレースを続けましたが、持ち味のスピードを生かすには逃げるのが一番という結論にも達したようです。他馬の出方次第ですが、天性のダッシュ力を生かしての押し切りを狙う構えですね」

ミッキーアイル

ここ2週の動きから精神面の成長が感じられるミッキーアイル(左、撮影:日刊ゲンダイ)

田崎「それでも僕は◎レッツゴードンキです。桜花賞を勝ったことで牝馬クラシック路線を歩みましたが、本質は短距離馬だと思っています。その“他馬の出方”の対象馬となるんでしょうが、開幕週の馬場なら少々のハイペースでも前は止まりませんからね」

加茂「梅田智師も、桜花賞のあとは“本当はNHKマイルCへ行きたかった”と漏らしとったし、血統的にも短距離色が濃い馬や。前走のマイルCSにしても、桜花賞以来の距離で、強敵牡馬相手に善戦した立派な内容。卓越したスピードから1400mになるのもプラスやろうし、目標は次の高松宮記念とはいえ、不様なレースにはならんやろ」

須藤「この中間は岩田康騎手が付きっ切りなんですが、結果が求めらるのは当然としても、この距離で差す競馬を見てみたいですね」

デスク「もう1頭のGI馬、おととしのマイルCSを勝ったダノンシャークは、終わったと見られているのかな。1400mに良績がないのも確かだが、3走前の毎日王冠では衰えがないことをアピールしたと思うんだが」

広田「大敗した前走の阪神カップは、道中はリズム良く追走できていたんですが、直線でまともに詰まる不利が応えましたね。坂路の動きは絶好ですし、馬体面からの衰えもありません。とにかく、スムーズに馬群を捌ければ、変わっていいですよ」

田崎「とにかく脚の使いどころが難しいタイプなので、よほどハマらないと厳しいと思いますがね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル