堀厩舎担当コジのインサイダー情報! ドゥラメンテのデキは…

優馬TM座談会
中山記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信じていいか?ドゥラメンテ

デスク「ここは、ドゥラメンテをどう扱うかが最大の鍵となりそうだけど、TM陣の印を見ても“要らない”という者は一人もいないんだし、素直に買えるんだろうな」

武井「馬体は確かに余裕のある造りに映りますが、最終追いなどは迫力満点で、さすがと思える動きでしたからね。堀厩舎としては異例の水曜追いは、中1週となった共同通信杯以来ですが、その際もギリギリまで状態を見極めての出走で、結果2着も状態の問題ではなかったものです。二冠で見せたパフォーマンスは、既に歴史的名馬と肩を並べるレベルだと思いますし、これだけの馬になった以上、恥ずかしくないレースができる仕上りと判断していいでしょう」

大江原「このあとの路線も含めて、今年最も注目されている馬なんだから、生半可な仕上げで臨むことは考えられないよな」

デスク「まぁ、そのへんは、コジのインサイダー情報でダメ押ししてもらいたいが、正直言って、何分くらいの仕上りなんだ?」

小島「そういう“何分の仕上り”と数字で表現するのを嫌う厩舎なんですが、僕自身は7分のデキでも勝てると思います。もちろん、それ以上のデキなんですが、最終追いを終えてからの厩舎関係者の表情は一様に明るかったですね。何か問題でもあれば、大阪杯あたりまで出走を延ばす策もあったはずですし、1年も2年も、というわけではなく、9ヶ月程度のブランクなら心配はないでしょう。唯一の不安があるとすればゲートでしょうが、それもたいした問題ではないですね。あえて天邪鬼になる必要はありませんよ」

ドゥラメンテ

最終追いで迫力満点の動きを見せたドゥラメンテ(撮影:日刊ゲンダイ)

守屋「ただ、ドゥラメンテに関しては、TMアンケートでも書いたとおり、まずは無事に走り切ってほしいですし、そういう思いは関係者にもあるんじゃないでしょうか。必然、他馬の付け入る隙もあると思いますし、僕はイスラボニータを狙っています。この馬も久々になりますが、乗り込み量は5着だった昨年のこのレースや毎日王冠の時より多く、仕上り自体も当時よりはるかに上ですね。確たる逃げ馬が不在でのスローペースなら、立ち回りの巧さが生きるんじゃないでしょうか」

小野智「昨年は道悪で伸び切れなかったんですけど、前走のマイルCSなども、ゲートで落ち着きがなく出遅れてしまったのが全てですし、それでモーリスとコンマ2秒差なら、改めて能力を示したと言えますよ。この馬も今回の結果次第で遠征プランがあるようで、蛯名騎手も“動きはホントにいい。勝ってオーストラリアへ向かいたい”と、言ってました。私も一緒に行きたいな…」

デスク「自腹で、仕事に穴を開けないトンボ帰りならいいぞ」

西田「私は、3頭の皐月賞馬の中でお兄さん格となるロゴタイプに期待します。その皐月賞以来、勝ち鞍から遠ざかっていますが、こと得意の中山では惜しいレースも多く、戦ってきた相手もハイレベルです。この中間は放牧でリフレッシュできたようですし、背腰の弱さも抜けて、馬体もパワーアップしてますからね」

坂倉「中山記念は3年連続での出走になりますが、ここまで3着、2着と来ているように、ほぼベストの舞台でしょうね。昨年なんかも、完全な勝ちパターンで、内からヌーヴォレコルトに出し抜けを喰らったものですし、今年こそだと思います」

伊利「JRAでGIレースが行われない、いわゆる“非根幹距離”の芝1800m重賞はリピーターの活躍が目立っているんです。過去10年のこのレースにおいても、バランスオブゲーム、カンパニー、エアシェイディ、シルポート、そしてロゴタイプの5頭が複数回馬券に絡んでいますよね。おまけに父ローエングリンもこのレースを2勝しているとあれば、今年も勝ち負けになるはずですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル