シュウジは無印! 強気のデータ班は千四のスペシャリストに注目

重賞データ攻略
ファルコンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎年のように2桁人気馬が馬券に絡み、とにかく波乱続きのレース。今年は2頭の重賞ウイナーを筆頭に、例年以上のメンバー構成にも映るが…。

1400m巧者が軸に最適

 2010年までは旧中京コースの芝1200mで行われていたが、コース改修によって2012年からは中京芝1400mで行われるようになった。というわけで、2012年からの4年間の結果をもとに、馬券のポイントを探ってみた。

  • 1400m以上での連対実績(1~3着馬12頭中10頭が該当)
  • 東西4主場(東京・中山・京都・阪神)で勝利経験(1~3着馬12頭中10頭が該当)
  • 前走が1400m~1600m(1~3着馬12頭中11頭が該当)
  • 芝で2勝以上(1~3着馬12頭中9頭が該当)
  • 前走500万組〔1.2.2.20〕
    →馬券に絡んだ5頭中3頭は前走1着馬、残り2頭は500万で連対経験あり
  • 1400mで2連対以上(1~3着馬12頭中7頭が該当)
    →近3年の勝ち馬は1400mで2勝以上の実績

 上記のポイントをすべてクリアした馬の中で、1400mで複数回の勝利があったのはショウナンライズトウショウドラフタの2頭。どちらも左回りの1400mがベストともいえる成績で、この2頭が軸にはベスト。

トウショウドラフタ

クロッカスSを3馬身差で快勝したトウショウドラフタ(撮影:日刊ゲンダイ)

押さえ候補にはこの4頭

 マディディルグランフリソンの2頭は「1400mで2勝以上」以外の項目はすべてクリア。マディディは1400m〔1.1.1.0〕、ルグランフリソンは1400m〔1.2.0.1〕という成績。まずはここが押さえ筆頭。

 メイショウシャチは「1400mで2連対以上」の項目以外はクリア。こちらも侮れない1頭。オーシャンビューは芝での実績はないが、1400mという距離だけに関して言えば条件は満たしている。雨で渋りそうな馬場はプラスだし、全く人気にならなさそうなので押さえてみても面白い。

 一方、シュウジは意外にも東西4主場での勝利経験がないのがマイナス要素。昨年2着馬は前走の朝日杯FSで5着、2012年3着馬は前走の朝日杯FSで6着なら、朝日杯FS5着のシュウジも圏内だが、1400mは1戦のみ。余裕があれば押さえる位で十分か。

結論


ショウナンライズ
トウショウドラフタ

連下
マディディ
ルグランフリソン
メイショウシャチ
オーシャンビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル