味気ない決着だったマーチS 責任は道中2、3番手のジョッキーにあり

佐藤直文 レース回顧
マーチS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ド・スローでまんまと ショウナンアポロン

 前半1000mが63秒3。この日の1R、3歳未勝利戦と同じラップだったというのだから、これは重賞としては“ド・スロー”の流れであり、伏兵馬に逃げ切りを許したのも当然と言える結果だった。ただ、道中で2、3番手の馬のジョッキーには、もう少し勝負に挑んで欲しかった、との思いも残る。自分も楽だが、ハナを切っている相手はもっと楽。味気ない決着となった責任は二人の騎手にあるように思えた。

 ショウナンアポロンは、そういうペースの恩恵を受けたことが最大の勝因と言えるが、好発から迷いなくハナを切れたことで持ち味を生かし切った。昨年暮れ以降は、この中山1800ダートでのオープン戦にフル参戦してきた馬であり、見せ場もあった前走からも陣営には“こう乗れば勝てる”との自信があったのだろう。運だけではなく作戦面も含めた陣営の勝利と言える。

ショウナンアポロン

スローの逃げを打ったショウナンアポロンが重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着バスタータイプは、好位から常に前を見る形で、4コーナーでは勝ち馬の直後の2番手に。それでも、この流れでは間に合わなかった。連勝こそストップしたが底を見せた負け方ではなく、重賞制覇の機会もそう遠くはないだろう。

 3着ドコフクカゼは、これだけのスローペースを後方から大外を回って追い上げたのだから、地力は十分に示したと言える。惜しむらくは、スタートしてからダッシュが付かなかった点。本来は好位で流れに乗ることもできる馬であり、立ち回り次第では何とかなったメンバーであったように思う。

 4着イッシンドウタイは、勝負どころで包まれて少し仕掛けが遅れたものの、これまた力を示す走り。7歳馬とはいえ、今が最も充実しているのではないだろうか。

 5着クリノスターオーは、勝負どころで手応えが悪くなるのはいつものことだったが、前述したようにせっかくスローの2番手で運んだのだから、もう一工夫欲しかった。58キロのハンデも応えたかもしれないが、今日のメンバーでは明らかに物足りない内容だ。

 サンマルデュークは、良くも悪くも自分の競馬に徹してきた馬。今日の流れでは出番がなかったのも仕方はない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル