リオンは無印、マカヒキ&サトノは押さえまで データ班決意の◎は…

重賞データ攻略
皐月賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ幕を開ける牡馬クラシック、第一弾は皐月賞。3強?4強? 超ハイレベルな牡馬路線、1冠目を手中に収めるのはどの馬か?

トライアル毎のポイントは?

 2011年は東京開催となったが、過去10年のデータをまとめて考えたい。まずはステップ別の成績から。

前走別成績(過去10年)
スプリングS〔4.3.2.41〕
共同通信杯〔3.0.2.5〕
弥生賞〔2.4.3.37〕
若葉S〔1.3.2.16〕
京成杯〔0.0.1.3〕

スプリングS組

 ここから馬券に絡んだ9頭は、すべて「スプリングS5番人気以内」だった馬。また、ここで4着以下から巻き返すというパターンは稀で、9頭中8頭が3着以内。同じく9頭中8頭はスプリングS以前に重賞連対かOP1着の実績があった。例外は去年のキタサンブラックだが、こちらは3戦3勝と勢いがあった。

 マウントロブソンはデータ的には実績不足。それなら3着のロードクエストに食指が動く。

共同通信杯組

 共同通信杯1着から臨んだ馬は〔2.0.1.2〕という成績。ただし、共同通信杯→皐月賞という臨戦過程で馬券になった馬はすべて「共同通信杯で2番人気以内」だった馬。6番人気とあくまで伏兵だったディーマジェスティはややトーンダウン。

弥生賞組

 弥生賞1着馬が〔1.2.1.6〕。やや信頼度は低いが、本番でも馬券になった馬について見てみると、本番で1番人気かつ弥生賞で2番人気以内だった馬。マカヒキの評価は微妙なところ。

 一方、2着馬が〔0.0.0.9〕、3着馬が〔0.1.1.8〕。弥生賞3着で本番でも好走した2頭はともに1800m以上の重賞で連対実績のあった馬。そうなると2着のリオンディーズ、3着のエアスピネルは買いづらいか。4着以下の馬が〔1.2.1.14〕と、巻き返すケースの方が期待できるが、今年の弥生賞組は上位3頭しか出走していない。

若葉S組

 若葉S1着馬が〔1.1.1.5〕、2着馬が〔0.2.1.7〕と、OP特別のトライアルにしては悪くない成績。特に、若葉Sで1番人気だった馬の皐月賞成績は〔1.2.2.1〕というもので、アドマイヤダイオウは狙い目十分だろう。

京成杯組

 そもそもの出走数自体が少ないが、唯一馬券に絡んだ2010年3着のエイシンフラッシュは「右回りのコーナー4つ」という条件で3戦3勝。京成杯1着から臨むプロフェットは同様の条件で3戦2勝2着1回。3着候補にはアリだ。

勝ち馬を探す

 過去10年の勝ち馬の人気を並べると、6・7・7・3・1・4・4・1・2・3番人気。半数は4番人気以下の馬が勝っており、大穴の馬が勝つことは稀だとしても、伏兵が上位人気馬の脚をすくうシーンは今回も有り得る。

 勝ち馬10頭のうち、前走から騎手が乗り替わっていたのは4頭。継続騎乗でなくとも気にする必要はないか。その他にポイントとなりそうなのは以下の4点。

  • 前走4角10番手以内(10頭中9頭)→例外1頭も4角11番手
  • 前走1着(10頭中8頭)
  • 前走1番人気(10頭中7頭)
  • 生涯連対率50%以上(10頭中9頭)、生涯複勝率66.7%以上(全馬)
    →10頭中8頭が生涯複勝率80%以上、うち6頭が生涯複勝率100%

 ◎は若葉Sを1番人気で勝ったアドマイヤダイオウ。新馬戦ではリオンディーズに敗れているが、逆転は可能と見た。マカヒキサトノダイヤモンドはデータ的には強く推せないが、前走1着には敬意を払うべき。あとはスプリングS3着のロードクエスト、若葉S2着のナムラシングン、京成杯1着のプロフェットを相手にマーク。

結論

◎アドマイヤダイオウ
△マカヒキ
△サトノダイヤモンド
△ロードクエスト
△ナムラシングン
△プロフェット

アドマイヤダイオウ

ド根性の差し返しで若葉Sを勝ったアドマイヤダイオウ(奥、撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出馬表(枠順)、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出馬表には、単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル