激闘必至の青葉賞は、程良いキャリアが好ましい

重賞データ攻略
青葉賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダービーと同じ舞台で行われるトライアル。皐月賞には目もくれず、ダービー1本に照準を定めてきた素質馬達が集結。2枚のチケットを巡っての激闘が予想されるが…。

重賞実績馬たちの取捨は?

 このレースの性格としては、皐月賞トライアルなどの重賞で敗れていた馬の巻き返しか、500万を勝ってきた馬が勢いそのままに、というパターン。

前走別成績(過去5年)
500万下〔3.4.3.36〕
弥生賞〔2.0.0.4〕
スプリングS〔0.1.0.7〕
毎日杯〔0.0.1.5〕
すみれS〔0.0.1.1〕

前走着順別成績(過去5年)
1着〔2.4.2.22〕
2着〔0.0.0.7〕
3着〔1.0.1.6〕
6着~9着〔2.1.1.21〕

前走距離別成績(過去5年)
1800m〔0.1.1.29〕
2000m〔2.0.0.19〕
2200m〔2.4.3.11〕
2400m〔1.0.1.11〕

青葉賞時のキャリア
2戦〔0.0.0.2〕
3戦〔0.0.2.11〕
4~6戦〔5.5.3.49〕
7戦以上〔0.0.0.12〕

  • 馬券に絡んだ前走1着馬8頭はすべて前走が500万の2200m~2400m戦
  • 馬券に絡んだ前走6~9着馬は4頭中3頭が前走・皐月賞トライアル組
  • 過去5年の1~3着馬で収得賞金が1000万以上だったのは1頭だけ

 馬券の中心は前走500万勝ちの馬から選びたいが、無視できないのが重賞好走組やOP勝ちのある馬達。ただし、過去5年の1~3着馬で1000万以上の賞金を持っていたのは2011年1着のウインバリアシオンだけ。

 賞金が足りない馬はここで勝負をかけないといけない。そういった事情が結果にも現れているのではないだろうか?

 というわけでこの組からはプロディガルサンマイネルハニーよりもメートルダールを買いたい。

程よいキャリアがポイントに

 では、前走500万組で買うなら、の話。今回のメンバーで前走500万1着馬はアルカサルヴァンキッシュランノーブルマーズレッドエルディストレーヴァテインの5頭。

 アルカサルレーヴァテインはキャリアがまだ2戦。データ的にはサンプル自体が少ないのだが、やや評価は下げたい。一方、ノーブルマーズは既にキャリア10戦を数える。OPや重賞での好走歴もある馬だが、流石に多すぎるキャリアは消耗度などを考えるとマイナス要素だ。

 軸にはヴァンキッシュラン(キャリア6戦)と、レッドエルディスト(キャリア3戦)。ヴァンキッシュランは同舞台の2走前が降着で2着。前走も含め、2400mへの適性はかなり高い。

ヴァンキッシュラン

前走でも2400m戦への高い適性を示したヴァンキッシュラン(桃帽、撮影:日刊ゲンダイ)

 レッドエルディストは出世レース、大寒桜賞の勝ち馬。大寒桜賞は過去3年の勝ち馬が青葉賞で2、2、3着。4年前の勝ち馬は次走の京都新聞杯を日本レコードで快勝。今年も上位争いが期待できるはず。

結論


ヴァンキッシュラン
レッドエルディスト

相手
メートルダール
アルカサル
レーヴァテイン
ノーブルマーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル