難解ハンデ重賞・新潟大賞典は、超穴4歳馬に強気の◎

重賞データ攻略
新潟大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 直線の長い新潟外回り、そしてハンデ戦とあってゴール前は白熱の叩き合いが期待できそう。昨年の覇者か、勢い著しい4歳勢か、それとも…。

勢い止まらない4歳世代

 先週までに古馬混合の重賞(芝1800m以上)は計12Rが行われたが、とにかく目立つのが4歳世代の活躍。各世代の成績は以下の通り。

世代別重賞成績(2016年、古馬混合の芝1800m以上)
4歳馬〔8.5.2.19〕
5歳馬〔2.2.6.29〕
6歳馬〔1.1.3.24〕
7歳以上〔1.4.1.58〕

 先週の天皇賞(春)も4歳世代のキタサンブラックが1着、シュヴァルグランが3着と、GIクラスでも通用する実力を見せつけた。新潟大賞典にはダービー2着のサトノラーゼンを筆頭に、ベルーフアングライフェンの3頭がエントリー。要注目だ。

中日新聞杯組が中心

 昨年こそ1頭も馬券に絡めなかったが、中京コース改修後の近4年間、「前走~前々走で中日新聞杯を走っていた馬」が〔3.2.2.16〕という成績。コーナーが4つから2つに替わるものの、左回りで直線の長い2000m戦というのは共通の条件。今年も無視するわけにはいかないだろう。

 もうひとつ、近4年の特徴として挙げられるのが古馬OPクラスとの対戦経験が浅いこと。昨年の勝ち馬を除けば、以下のような傾向が浮かび上がる。

  • 2012年1着 ヒットザターゲット (3走前に準OP勝ち、OP3戦目)
  • 2013年1着 パッションダンス (3走前に準OP勝ち、OP3戦目)
  • 2014年1着 ユールシンギング (3走前に菊花賞出走、古馬OPとの対戦は3戦目)

 古馬OPクラスとの対戦経験が少ないほうが、ハンデが重くなりにくいのと、昇級間もない分の勢いが好走に繋がっているのだろうか。今年のメンバーで、中日新聞杯を使っていて、なおかつ古馬OPクラスとの対戦経験が少ないのは、以下の2頭。

アングライフェン→前走・中日新聞杯12着、古馬OP2戦目
ショウナンバッハ→前走・中日新聞杯11着、古馬OP5戦目

 ◎は4歳馬のアングライフェン。中日新聞杯は12着とはいえ0.3秒差。流れひとつで上位争いになってもおかしくはない。○ショウナンバッハはAJCCで0.2秒差3着、昨秋のジャパンカップでは12着ながら上がり3F最速で0.5秒差まで詰め寄っている。55キロなら買いだ。押さえにはその他の4歳勢、サトノラーゼンベルーフを。

結論

◎アングライフェン
○ショウナンバッハ
△サトノラーゼン
△ベルーフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル