“こう乗れば勝てる” 横山典の手綱捌きでクラリティスカイが戴冠

【佐藤直文 先週のレース回顧】
傑出馬不在で混戦模様を呈していたNHKマイルカップ。皐月賞5着からマイル路線に戻ってきたクラリティスカイを、天皇賞のゴールドシップに続いて横山典騎手が勝利に導いた。

佐藤直文 レース回顧
NHKマイルカップ京都新聞杯日本ダービー新潟大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“こう乗れば勝てる” 鮮やかクラリティ&横山典 【NHKマイルカップ】

 スタートを決めてハナへ行ったのはレンイングランド。その出方を見ながらアルビアーノが2番手に収まり、序盤から落ち着いたペースになった。半マイル通過は47秒3。過去10年で3番目に遅く、ミッキーアイルが逃げ切った昨年が46秒6ということを考えても、先行馬に有利な流れだったと言える。

 道中は少し行きたがるのを宥められつつ、クラリティスカイは、アルビアーノの直後を追走。直線では、先にアルビアーノが抜け出したことで何の不利もなく前が開き、残り1ハロンで馬体を併せてキッチリと差し切った。同じ舞台でレコード勝ちした2歳秋のいちょうステークスと、ほとんど同じレース運びは、“こう乗れば勝てる”という横山典騎手の自信の表れであったろう。流れに恵まれたことは確かだが、結果的に単勝一桁オッズの上位5頭が掲示板を占めたのは、各馬が力通り走ったと見てよく、素直に力が一枚上だったと言える。

 アルビアーノは、持ち味を生かした完璧なレース運びだった。目標になって差されたのは仕方ないが、2着を守ったことは大いに評価すべきで、末恐ろしい牝馬が出現したと言っていい。

 ミュゼスルタンは、道中で外を回さずコースロスを最小限に抑えた形。直線では進路を探しながらも、前が開いてから鋭く脚を伸ばしていたが、勝ち切るにはもう少し展開の助けが必要だったか。

 アヴニールマルシェは、馬群がバラけた最後の最後に脚を使って能力を示したが、やはりレース間隔が空いた影響があったように思えた。グランシルクも勝ち馬の直後から差を詰めたが、前走で見せた脚は使えなかったあたり、中山向きなのかもしれない。

NHKマイルカップでパドックを周回するクラリティスカイ

NHKマイルカップでパドックを周回するクラリティスカイ

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル