“こう乗れば勝てる” 横山典の手綱捌きでクラリティスカイが戴冠

佐藤直文 レース回顧
NHKマイルカップ京都新聞杯日本ダービー新潟大賞典

マイルCS的中 払戻金13万8000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

センスと自在性で本番でも 【京都新聞杯】

 スピリッツミノルが押してハナへ行ったことにより、前半は速めの流れに。終い勝負型の上位人気馬たちにはお誂え向きの展開になったが、直線を向いて最も手応えが良かったのが、勝ったサトノラーゼンだった。追い出されてからの反応も良く、センスと自在性はダービーの舞台でも生きるかもしれない。

 2着ポルトドートウィユ、3着アルバートドックは、ともにあと一歩届かなかったが、結果的に上位3着までをディープインパクト産駒が占める形で、レース自体が決め手の生きる流れになったと言える。

 4着トーセンバジルも差は僅かだったが、少し反応が重いハービンジャー産駒である点が、僅かな差を生んだ印象。5着ダノンリバティは、現状での力の差が出た形で、少し人気先行の嫌いがある。

慌てず騒がず自分の型で ダコール初タイトル 【新潟大賞典】

 前半はゆっくりめだったが、途中からアーデントが後続を離す形の逃げとなり、乱ペースと言える流れになった。こういう時は、慌てず騒がず自分の型を守って走ることができる馬に有利となり、そうではない馬には厳しい展開となる。

 ダコールは重賞での惜敗が続いていたが、序盤のペースが上がらなかったためか、今回はいつもよりも前目で無理なく運べたもの。例年よりも少し時計のかかる馬場も良かったかもしれない。

 2着ナカヤマナイトは、走られて正直ビックリ。早目先頭で一旦は押し切るかという堂々たる内容で、実力を示したと言えるが、近走の内容からは予測できなかった走りだ。

 3着アルフレードは、溜めるだけ溜めての終い勝負。初の2000mを克服できたことで、今後の選択肢も広がる一戦となった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

マイルCS的中 払戻金13万8000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

マイルCS的中 払戻金13万8000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル