3歳馬チェックチームのオークス大予想! ◎は★6つのアノ馬

現3歳世代の初勝利をあげた馬すべてに★評価をつけてきた2歳馬&3歳馬チェックチーム。今週と来週はその集大成として、オークスと日本ダービーの予想に挑戦します。誰よりもこの世代を見てきたチェックチームの本命は…。

優馬2歳馬&3歳馬チェック
オークス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳馬チェック的 オークス予想

◎シンハライト
○チェッキーノ
▲ジェラシー
△レッドアヴァンセ
△ロッテンマイヤー
△アドマイヤリード(抽選対象)

 ◎は桜花賞でハナ差2着のシンハライト(★6つ)。2歳女王メジャーエンブレムはマイル路線に、桜花賞で敗れたジュエラーは戦線離脱。まだ1600mまでしか経験のない馬だが、兄姉は2000m級の競走で結果を出しており、この馬自身もクセのないタイプで距離延長は問題ない。GI制覇へ最大のチャンスが訪れたと言っていいだろう。

 ○にはフローラSを3馬身差、それもレースレコードで制したチェッキーノ(★5つ)。兄姉を考慮すると、マイル前後向きかと思われていたが、気性面に難がなく、実戦で力を出し切れるタイプ。アネモネSを勝った後、無理をせずに桜花賞をパスしたこともプラスに出た。桜花賞の上位2頭や2歳女王はともかく、その他の既存勢力にそれほどの魅力を感じない今年のメンツなら、十分に勝ち負けできそうだ。

 ▲は同じくオークストライアル組からジェラシー(★5つ)を。ハービンジャー産駒ということもあり、キレ味勝負では上の2頭には劣るが、自在性があって持続力がある。鞍上とのコンビで東京を2勝。成長力もあり、距離延長も歓迎。立ち回り次第では一発も。

 △レッドアヴァンセ(★6つ)はここ2戦の敗戦で評価を落とし気味だが、血統面や2連勝の内容などから、能力は世代上位。課題となる馬体重が関東への長距離輸送でどうか、という点に尽きる。△ロッテンマイヤー(★4つ)は忘れな草賞の勝ち馬。その母アーデルハイトはブエナビスタの妹。2走前のクイーンCは3着だったが、東京コースを経験済みというのも心強い。△アドマイヤリード(★6つ)は抽選対象ではあるが、桜花賞で勝ったジュエラーに次ぐ上がり3F33秒2をマーク。距離延長で、と思わせる内容だった。

 アットザシーサイド(★5つ)は血統面や馬体から、やはり1400m~1600mでこその馬。桜花賞の直線を見ても、シンハライトを逆転できるだけのモノがあったとは言いづらい。フラワーCから直行となるエンジェルフェイス(★4つ)については、そもそもフラワーC自体が相手関係、展開面で恵まれた印象も拭えない。底を見せてはいないのだが、過信は禁物か。

シンハライト

シンハライトの★6つ評価はオークス出走メンバーの中でトップタイ(緑帽、撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 枠順
  • 単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 優馬本紙の馬柱
  • 動画・写真
  • 短評

優馬@ソーシャル