ライバルを捻じ伏せたゴールドドリーム 大井のJDDでも最有力

佐藤直文 レース回顧
ユニコーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火の出るようなラスト1ハロンの叩き合いを 川田ゴールドが制す

 好スタートを決めたストロングバローズが一旦はハナを切ったが、別に行く気を見せたわけではなく、何も行かないから前へ、という雰囲気であった。それでも、途中からハナを譲って、テン3ハロン35秒3、1000m通過59秒6のラップは、まずまずの平均ペース。そして決着タイムの1分35秒8は、脚抜きのいい馬場だったここ3年よりも速く、良馬場ではレース史上2番目の好タイムであった。最後に2頭のマッチレースとなった分もあるだろうが、決着タイムの優秀さが世代レベルの高さをも示したように思える。

 ゴールドドリームは、課題のスタートを決めて、絶好のポジションに。スタート直後の走りっぷりからも、芝スタート自体は合っていた。あとは、前を行くストロングバローズを目標に、直線で追い詰めて並んで勝ち切る強い内容。スタートさえ決まれば、このような上手な立ち回りができること証明した。前走はコーナー6回の小回りコースが合わなかっただけのこと。距離は延びても全く問題ないタイプだけに、大井のジャパンダートダービーでも主役を演じることができるはずだ。

ゴールドドリーム

ゴールドドリーム(左)がストロングバローズ(右)との叩き合いを制して重賞初V(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ストロングバローズは、理想的な競馬ができて、直線でも後続が来るのを待って追い出す余裕すらあったが、今日は勝ち馬を褒めるべきであろう。ただ、スピード任せに先行するよりも、ゆっくり出て脚をタメて運ぶ方がいいのかもしれない。距離も前走の1800mがベストだと思えた。

 3着グレンツェントは、上位2頭に勝負を挑む前に競馬が終わってしまった印象。後方待機は仕方ないとしても、少なくとも4コーナーでは射程圏に入れて、どこかで馬体を併せる形での結果3着であれば、力の差と納得できるが、この競馬では鞍上の騎乗ぶりに問題があったと言うしかない。ルメール騎手であったら、間違いなく2頭を意識する競馬ができたはずだが…。

 4着ピットボスは、残り1ハロンから上位2頭との差が見る見る広がったものの、そこからもバテずによく脚を伸ばしていた。今まで戦ってきた馬よりもはるかに上のレベルの馬を相手に、これだけ走ったことを評価したい。

 5着クインズサターンにも同様のことが言えるはずで、500万を勝ったばかりの身でこれだけ走れば合格点だろう。

 ダノンフェイスは、立ち遅れて後方から。3着馬と並ぶ上がり3ハロン最速タイの数字で能力自体は示したが、それでも上位3頭には力の開きがあったと言える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル