厩舎担当コジが断言「ドゥラメンテに不安なし」 宝塚TM座談会

上半期の総決算となる“サマーグランプリ”宝塚記念。二冠馬ドゥラメンテ、天皇賞を制してファン投票1位で臨むキタサンブラックの4歳勢に、復権を賭ける昨年の覇者ラブリーデイ。もちろん、ここでGI初制覇を目論む馬も揃う中で、優馬TM陣も上半期のラストを締めくくるヒットを狙う。

優馬TM座談会
宝塚記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気では譲れない 国内無敵のドゥラメンテ

デスク「形骸化しているファン投票とはいえ、ドゥラメンテがまさかの6位とは、驚いたよな。そんでまた、今回そんなに人気がないのかと思ったら、やっぱり断然人気なんだよな…」

田崎「デビュー以来、東京と中山でしか走っていなかった馬の初めての遠征が海外。加えて、右前を落鉄しながらの出走という厳しい状況だった前走は、連勝が止まったのも仕方ないと言えますね。今回も初めてとなる直前の長距離輸送の克服が鍵となるでしょうが、国内ではそういうことが敗因となるレベルの馬ではないと思います」

小野智「その落鉄の影響かどうかはわかりませんが、前走は4コーナーで外を回った後にモタれて真っ直ぐ走れてませんでしたね。名もない馬にひねられたわけでもないですし、勝った馬が強く、悲観すべき内容ではないでしょう」

武井「その勝ったポストポンドという馬は、帰国緒戦のコロネーションCで、昨年のBCターフの勝ち馬に4馬身以上の差を付けて圧勝しています。それを考えても、ドゥラメンテの2馬身差2着は、世界レベルの走りを示すものと言っていいですよ。骨折明けの中山記念でも強敵を封じているわけですから、今回も遠征帰りでパーフェクトとは言えないデキだとしても、国内では負けるわけにはいかないでしょう」

デスク「ただ、国内でも未対戦の強敵はいるよな」

坂倉「皐月賞、ダービーとドゥラメンテに歯がたたなかったキタサンブラックが、菊花賞を制したあとも有馬記念3着、天皇賞勝ちと、世代の強さを見せ付けているわけですから、強敵と言えるほどの馬もいませんよ。宝塚記念特有のタフなレースになっても全く問題ないタイプですしね」

佐藤直ドゥラメンテのダービーが2分23秒2で、秋のジャパンカップが2分24秒7。馬場やペースの差を考慮しても、比較にならないほどドゥラメンテのレベルが高いんだよ。初コースやら何やら重箱の隅を突付いたって、何も出てきませんよ」

小島「僕からもダメを押しておきましょうか。前走は落鉄の再装着も試みたそうですが、馬が嫌がってそのままでの出走となったもの。一本だけタイヤが違うバランスの悪い車で2着ですから、厩舎サイドも全く悲観してませんでしたよ。この中間はしっかりと体調を見極めた上での調整でしたが、さすがはGI常連の堀厩舎、体調面での不安はありません。“普通に走れば負けない”というハッキリしたコメントこそ出ませんでしたが、長年この厩舎の取材をしていれば、その自信のほどはよくわかりますよ」

デスク「ただ、関東TMの支持が多い割には、関西は本紙田崎以外に◎がないのも事実。少し温度差がある様子だが…」

那谷ドゥラメンテは“日本でいちばん強い馬”とミルコが断言しているし、実際その通りだと思うけど、いつも身近で見ている関西馬が負かしてほしいという期待もあるよな。加えて今回は道悪もカギ。これについてはミルコも“う~ん、あまり良くないと思う”と顔を曇らせていたんだ。当日の馬場は大きなポイントで、稍重くらいまで回復すれば問題はないと思うけど、重以上なら割り引いて考えたいな」

ドゥラメンテ

ドバイ帰りの一戦となる昨年の二冠馬ドゥラメンテ(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル