重いハンデも好条件! 人気のベルカントに逆らうべからず

重賞データ攻略
北九州記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイビスSDに続く連覇を狙うベルカント。その昨年は2着に今年の高松宮記念を制したビッグアーサーが入り順当な決着に。今年は荒れる?荒れない?

ベルカントの連覇なるか?

 昨年こそ堅い決着だったが、一昨年は3連単395万が飛び出すなど、ハンデ戦らしい荒れ方をする重賞。特に条件馬やOP入り直後といった馬の好走が目立つのが特徴。

前走クラス別成績(過去10年)
GI〔0.0.1.7〕
GII〔0.0.0.2〕
GIII〔4.1.6.73〕
OP特別〔3.2.0.26〕
1600万〔1.6.1.23〕
1000万〔2.1.2.6〕

前走レース別成績(過去10年)
アイビスSD〔3.0.3.44〕
CBC賞〔1.1.3.18〕
バーデンバーデンC〔1.0.0.11〕

 1000万勝ち直後のフルールシチーを除けば、今年は全馬がアイビスSD・CBC賞・バーデンバーデンCのいずれかからの臨戦。まずは連覇がかかるベルカントについて考えていこう。

 前走・アイビスSD組で馬券に絡んだのは6頭。そのうち5頭が牝馬だった。同じく6頭中5頭はアイビスSDで4着以内かつ5番人気以内。このポイントで言えば、ベルカント以外にもプリンセスムーンが買いの条件を満たすことになる。

 また、このレースはハンデ戦とはいえ、重いハンデを背負う牝馬の好走が目立つレース。過去10年で55キロ以上を背負った牝馬の成績は〔2.0.2.4〕、56キロでは〔1.0.1.1〕である。馬券に絡んだ馬は全て前走で重賞1着の馬。ハンデが重くてもベルカント◎でデータ的には問題はなさそう。

ベルカント

データからは死角が見当たらないベルカント(青帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

紐荒れ期待ならCBC賞組

 アイビスSD組の次に注目すべきはCBC賞組。だが、CBC賞での着順はそれほどアテにならず、一昨年はCBC賞16番人気11着のカイシュウコロンボが17番人気で3着に激走するという事態に。馬券に絡んだ5頭のうち、CBC賞を勝って臨んでいたスリープレスナイト以外は小倉1200mでの1着経験があった。ベルルミエールメイショウライナーラインスピリットラヴァーズポイントの4頭がここでは候補に挙がる。

 バーデンバーデンC組は過去10年で馬券に絡んだのは1頭だけ。勝ったツルマルレオンは小倉で準OP勝ちという馬で、今回の3頭にはそこまでの小倉実績はなく、やや強調点に欠ける。それなら最も率の良い前走1000万組からフルールシチーを狙うのも手か。サクラバクシンオー産駒は2010年以降の小倉芝1200mでトップの45勝。この馬にも小倉実績があり、50キロなら面白い存在。

結論

◎ベルカント
○プリンセスムーン
△ベルルミエール
△メイショウライナー
△ラインスピリット
△ラヴァーズポイント
△フルールシチー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル