強襲にも余裕綽々 超一流サトノダイヤモンドがラスト1冠へ

佐藤直文 レース回顧
神戸新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラスト1冠へ 視界良好サトノダイヤモンド

 今年の春のクラシックは、皐月賞とダービーで掲示板に載った馬が全く同じ顔ぶれで、しかも上位3頭は着順が替わっただけという結果。その上位3頭のうちの2頭が、秋緒戦を勝利で飾ったとあれば、当然、残る1頭の走りに注目が集まるわけで、神戸新聞杯の興味もそこに尽きた。

 そのサトノダイヤモンドだが、ここまでの調整に不安はなかったとはいえ、やはり9分まではない仕上り。馬体重こそ、ダービーと同じではあったが、造り自体は緩めに映った。それでも、追われて瞬時に反応して抜け出したあたり、改めて超一流の素質を示すレースぶりであった。最後に内から2着馬の強襲に遭ったが、馬体が合ってからもう一伸び。おそらく、もう少し距離があったとしても抜かれることはなかったであろう。これまた着差以上に強い内容であり、ラスト1冠への視界も良好と言える結果となった。

サトノダイヤモンド

着差以上の強さを見せたサトノダイヤモンド(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ミッキーロケットは、4コーナーで不利がありながらも、勝ち馬の内をすくってアワヤのシーン。夏に力を付けたことを証明した形だったが、距離はこのくらいがギリギリの印象も受ける馬だ。夏に3戦を消化しているという点でも、本番でこれ以上の上積みを望むのは少々酷かもしれない。

 3着レッドエルディストは、勝ち馬をマークする形で運びながら、最後に突き放された完敗ではあったが、こちらは距離がもっとあっていいタイプ。本番への期待なら、2着馬よりもこちらにありそう。

 4着カフジプリンスは、4コーナーで少しゴチャついてポジションを落としたが、ラストはよく脚を伸ばし、これまた距離が延びて良さそうだ。賞金で出走できるなら、これまた菊花賞の穴馬候補になるかもしれない。

 5着エアスピネルは、後方から今までとは違う競馬を試みた形だが、いい脚を使えるのは一瞬というタイプでもあり、2400mでも距離が長い印象。あと3ハロン延びる本番では厳しいだろう。

 ナムラシングンは、早目に動いて直線を向いたところでは見せ場も作ったが、最後は完全に伸び負けした形。これまた、距離は2000mくらいまでの馬かもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル