好メンバー集結の富士Sは、5つのポイントを押さえて必中態勢!

重賞データ攻略
富士S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2年連続で3歳馬が勝っているように、マイル路線の新旧入れ替えの分水嶺的な位置付けとも言える富士S。とはいえ年長馬の勢いもまだまだ健在、今年も混戦は必至?

3歳馬のジャッジが最初の関門

 ステップ別の成績をざっと見渡すと、目立つと言えば京成杯AHやポートアイランドSからの臨戦馬。とはいえ率としては威張れるほどではない。まずはこのレースで目立っている3歳馬について検討していきたい。

年齢別成績(過去5年)
3歳〔3.1.2.15〕
4歳〔1.3.1.5〕
5歳〔1.1.2.18〕
6歳以上〔0.0.0.28〕

 4歳馬の方が率は良いが、ここ2年連続で勝ち馬を出しているのが3歳馬。そのポイントはGIで「そこそこ健闘」にあるとみた。

2011年 3着 マイネルラクリマ
→NHKマイルC 0.5秒差6着

2012年 1着 クラレント
→NHKマイルC 0.6秒差3着

2012年 2着 ファイナルフォーム
→GI出走なし、ラジオNIKKEI賞1着

2013年 3着 シャイニープリンス
→NHKマイルC 0.3秒差6着

2014年 1着 ステファノス
→皐月賞 0.4秒差5着

2015年 1着 ダノンプラチナ
→朝日杯FS 1着

 GI馬だったダノンプラチナは別として、GIで「3~6着以内」「0.3~0.6秒差以内」というのがひとつの目安になりそう。となると、NHKマイルCで0.1秒差2着のロードクエストに期待が掛かる。

ロードクエスト

GI好走歴のある3歳馬ロードクエストは信頼度大(撮影:日刊ゲンダイ)

馬券のポイントは5つ

 1番人気が過去10年で〔2.1.1.6〕、2~3番人気にしても〔2.2.1.15〕と、上位人気馬があまりアテにならないのがこのレース。そこで馬券のポイントを以下に挙げてみた。

過去5年の1~3着馬のポイント

  • 3歳~5歳(15頭全馬)
  • 前走敗戦なら0.9秒差以内(13頭中12頭)
  • 重賞3着以内の実績(15頭中14頭)
  • マイル戦で1着経験(15頭中11頭)、1800mで1着経験(15頭中10頭)
  • 距離延長で馬券対象は1頭だけ

 イスラボニータガリバルディは上に挙げたポイントを全てクリア。イスラボニータの鞍上ルメールJは過去3年間の東京芝1600mで〔12.8.6.26〕、複勝率は50%という頼もしい数字。一方、その同期間でトップの成績を収めていたのはヤングマンパワーに騎乗する戸崎圭Jで〔19.16.12.91〕。

 また、このレースはディープインパクト産駒が強く、過去5年で〔3.3.0.4〕、3年連続で勝ち馬を輩出している。前述のガリバルディもそうだが、昨年の覇者ダノンプラチナにも要注意。

結論

ロードクエスト
イスラボニータ
ガリバルディ
ヤングマンパワー
ダノンプラチナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

優馬@ソーシャル