千四ベストの可能性も… 本番でもタメてキレたいサトノアラジン

佐藤直文 レース回顧
スワンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

淀を席捲するサトノ旋風 アラジンがキレにキレて本番へ

 マイルCSの前哨戦であっても近年はなかなか本番に直結しないレース。1400mの距離でスプリント路線からの参戦馬も多く、マイルがベストの馬たちとの比較もまた難しい一戦だが、GIのないこの距離がベストという馬には、またとないチャンスとなるレースでもある。

 サトノアラジンは、この距離を使うのは春の京王杯スプリングカップ以来、2度目であったが、その京王杯同様にとにかくキレた。3歳時には菊花賞に駒を進めたこの馬にとって、その後の路線変更は正解と言えるが、距離に関してはマイルよりもこの1400mがベストなのでは、と思えるくらいだ。速い流れの方が後方でしっかりと脚を溜められるわけだが、本番でも同じ形で折り合えるかが鍵となるだろう。

サトノアラジン

千四の前哨戦を春に続き制したサトノアラジン(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サトノルパンは、1200m路線からの参戦で、序盤こそ行きたがる素振りを見せていたが、内枠だったこともあってよく我慢できていた。1400mのイメージは沸かなかった馬だが、久々にこの馬らしい伸びを見せたと言える。

 3着エイシンスパルタンは、ハナへ行って持ち味をフルに生かし切った形で、上位2頭には外から強襲されたものだけに仕方はない。サトノアラジンが勝った春の京王杯では1番人気に支持されたほどの馬であり、この1400mはピッタリの馬だと言える。

 4着ダンスディレクターは、ここ2戦が1200mで後方追走だったのに対し、いつもよりは前目での競馬。ただ、走りには気負いも見られ、本来の爆発力は発揮できなかった形だ。

 5着ムーンクレストは、中団で流れに乗って、直線では勝ち馬と一緒によく脚を伸ばしていた。準オープンを勝ったばかりでこの内容なら、今後に十分メドを立てたと言える。

 昨年の勝ち馬アルビアーノは、7ヶ月ぶりだった分もあるだろうが、勝ちパターンの競馬で止まってしまったあたり、次にどこまで変われるかは微妙なところ。昨年2着のフィエロは、出遅れて最後方からの競馬になったとはいえ、らしい伸びは見られなかった。これまた、年齢的に本番で大きな変わり身を望むのは酷かもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出走予定馬、想定単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走予定馬一覧には、想定単勝オッズや次走予定を合わせて掲載。いまから年末のレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 有馬記念戦績
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル