芝スタートに適性あり ノボバカラが軽快に逃げ切りV

佐藤直文 レース回顧
カペラS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6ハロンでも強かった ノボバカラの独壇場

 上位3頭の人気順が、このダート1200mでの実績の差となったように思えたが、結果は人気順の逆での決着に。経験こそ少なかった勝ち馬ではあったが、適性自体は抜群だったと言えるだろう。

 ノボバカラは、最内枠でのスタートから、芝の部分でスピードを乗せて注文通りにハナへ。結果的には、この時点で勝負は決まっていただろう。4コーナーでは内田博騎手が股の間からチラリと後方を確認したが、その所作は手応えを十分に残していたことの証明であり、スピードを如何なく発揮できるこの舞台が合っていたと言える。ただ、あとはダートスタートの1200mで同じ競馬ができるか、ということだろう。モマれる競馬はダメな馬でもあり、ダートスプリント界の頂点に立てるかどうかの鍵も、そこにある。

ノボバカラ

最内枠からハナを切ったノボバカラ(白帽)がそのまま逃げ切りV(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ニシケンモノノフは、1400mのプロキオンSに続いて勝ち馬を捕らえ切れなかった形だが、自分の競馬をして力は出し切っており、これは相手が強かったと見るべきだ。プラス体重でも太目感がなかったのは充実の表れであり、これまた1200mでも重賞を勝つ力がある。

 3着コーリンベリーは、内枠の馬たちが速かったため、理想よりは一列後ろのポジションとなったが、この位置からでも競馬ができる馬であり、けっしてポジション取りが悪かったわけではない。今日のところは力負けと判断していいかもしれない。

 4着ゴーイングパワーは、テンの3ハロンを33秒台前半で飛ばした勝ち馬を追いかけて、一旦は2番手浮上と見せ場は作った。上位3頭とは力の差があったと言えるが、年齢を考えてもよく走っている。

 5着タールタンは、今日の速い流れで前半は付いていけなかった形だが、上がりは最速タイで力を示した。ただ、ペース云々ではなく、1200mは少し短い馬だろう。

 エイシンブルズアイは、初めてのダートで今日のような流れでは厳しかったか。ダートの走り自体は悪くなかっただけに、経験を積めばダート路線でも戦えるはずだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル