どこから攻める? ミッキーアイル、イスラボニータ参戦の阪神C

重賞データ攻略
阪神カップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイルCSの1、2着馬ミッキーアイルとイスラボニータが参戦し、一気に豪華メンバーになった今年の阪神カップ。このレース特有の「関東馬の連覇」を狙うロサギガンティアもいるが…。

マイルCS組が中心だが…

 キンシャサノキセキ、サンカルロ、リアルインパクト。これらはすべてこのレースを連覇した関東馬である。今年はロサギガンティアがこれに続く連覇を狙うわけだが、果たしてどうか。

所属別成績(過去10年)
関東馬〔7.7.3.43〕連対率23.3%
関西馬〔3.4.6.103〕連対率6.0%

前走レース別成績(過去10年)
マイルCS〔4.6.4.38〕
スワンS〔2.0.1.9〕
京阪杯〔1.2.1.25〕
オーロC〔1.0.1.12〕
キャピタルS〔1.0.0.11〕
JCダート〔1.0.0.0〕
JBCスプリント〔0.1.0.1〕

 連対率等でみれば圧倒的に関東馬が上なのだが、2~3着馬の数は東西で差はない。「関東馬が強い」という先入観に囚われずに馬券を検討していきたいところ。

 ステップではやはりマイルCS組が断然。ただ、今年は阪神C創設後初めてマイルCS勝ち馬が参戦。2着馬の参戦にしても、過去10年で1度あるだけ。

マイルCS組の前走着順別成績(過去10年)
前走1着〔0.0.0.0〕
前走2着〔0.0.0.1〕
前走3着〔1.0.0.2〕
前走4~5着〔0.0.1.3〕
前走6~9着〔1.1.0.6〕
前走10着以下〔2.5.3.26〕

 今まではマイルCS10着以下からの巻き返しが非常に目立っていたが、それは単純にマイルCSの上位入線馬の出走が少なかったからとも言える。馬券に絡んだ14頭の共通点を探してみると、1400mでの勝ち鞍(14頭中11頭)、1600mでの勝ち鞍(14頭中13頭)、重賞勝ち(14頭中13頭)。この3点を満たしたのはミッキーアイルだけである。

ミッキーアイル

データ班は人気が予想されるミッキーアイル(桃帽)に◎(撮影:日刊ゲンダイ)

ロサギガンティアの連覇は?

 連覇に関して、あまり決め手になるようなデータが見つけにくかったが、過去3頭の連覇した馬について、連覇時の芝1400m実績を並べると以下の通り。

キンシャサノキセキ〔4.0.0.3〕
サンカルロ〔3.1.2.6〕
リアルインパクト〔2.1.0.1〕
ロサギガンティア〔2.0.2.1〕

 条件としては、阪神C以外にも1400mでの勝ち鞍があること。それに関してはロサギガンティアと他の3頭は共通している。また、藤沢和厩舎は先週、先々週と阪神でGIを連勝したが、今年の関西4場における芝のOP以上のレースで〔4.1.0.3〕という成績。遠征でしっかりと結果を出せているだけに、連覇の可能性も十分だろう。

穴は京阪杯&スワンS組

 京阪杯組についてみていくと、馬券に絡んだ4頭すべてに1200mでの重賞連対実績があり、4頭中3頭には阪神での1着経験があった。これに該当するのがエイシンスパルタン

 一方、スワンS組は3頭が馬券に絡んでいるが、3頭全てに1400m、1600m両方での1着経験。3頭中2頭は重賞勝ち馬で、もう1頭にも重賞3着以内の実績があった。この点からダンスディレクターも押さえ候補に浮上。

結論

◎ミッキーアイル
○ロサギガンティア
△エイシンスパルタン
△ダンスディレクター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル