有馬記念勝利のポイントは7つ! データ班今年最後の◎は…

重賞データ攻略
有馬記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キタサンブラックとサトノダイヤモンド。2頭の菊花賞馬がグランプリの舞台で激突!伏兵台頭の余地はあるか、それとも順当決着か、データ班が今年最後のGIに挑む。

ジャパンC組の判断材料は?

 昨年はゴールドアクターが勝ち、モーリスとともに「スクリーンヒーロー旋風」を巻き起こしたのが記憶に新しい。そのゴールドアクターが連覇に挑むが、キタサンブラックとサトノダイヤモンド、2頭の菊花賞馬も主役の座を譲らない。

前走レース別成績(過去10年)
ジャパンC〔3.4.4.53〕
天皇賞(秋)〔3.0.1.6〕
菊花賞〔2.1.1.7〕
凱旋門賞〔1.0.1.1〕
アルゼンチン共和国杯〔1.0.0.5〕
エリザベス女王杯〔0.2.0.8〕
金鯱賞〔0.2.0.9〕
ステイヤーズS〔0.0.0.10〕

年齢別成績(過去10年)
3歳〔3.3.2.27〕
4歳〔4.4.2.28〕
5歳〔3.2.3.35〕
6歳以上〔0.1.3.30〕

 中心は当然ながらジャパンC組。とはいえ、ジャパンCの勝ち馬は過去10年で〔1.0.0.3〕と意外に振るわないのは気掛かり。ただ、ジャパンCで1番人気だった馬が〔2.1.0.2〕という数字だから、キタサンブラックを軽視するだけの材料ではないか。

 先に検討しておきたいのがジャパンCからの巻返し組。勝ち馬から0.3秒~0.9秒差だった馬が〔2.3.3.22〕。馬券に絡んだ8頭について見ていくと、8頭全馬に2400m以上の重賞で3着以内、8頭中7頭に前走のジャパンC以外でのGI3着以内の実績があった。この点からサウンズオブアースゴールドアクターを要マーク。

グランプリホースの条件

 過去10年の勝ち馬のポイントは以下の通り。

勝ち馬のポイント(過去10年)

  • GI勝ち(10頭中8頭)
  • GII勝ち(10頭中10頭)
  • 2400mで1着(10頭中7頭)
  • 中山で1着(10頭中8頭)
  • 皐月賞1着(牡馬8頭中5頭)
  • ダービー5着以内(牡馬8頭中6頭)
  • 菊花賞5着以内(牡馬8頭中6頭)

 今回のメンバーでGI馬は5頭。そのうち2頭が牝馬のマリアライトミッキークイーン。ただし、この2頭にはGII勝ちがなく割引き。そうなると、キタサンブラックゴールドアクターサトノダイヤモンドの3頭に絞られるが、ここでポイントに挙げたいのがクラシックでの成績。

キタサンブラック 皐月賞3着、ダービー14着、菊花賞1着
ゴールドアクター 皐月賞不出走、ダービー不出走、菊花賞3着
サトノダイヤモンド 皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞1着

 ダービーでの着順の分、サトノダイヤモンドにアドバンテージがある。同馬には中山での勝利経験がないが、唯一走った皐月賞は不利もあった。また、菊花賞馬が3歳時に有馬記念に出走し、なおかつ1番人気に支持された場合、〔6.2.0.2〕と抜群の成績。まだ人気は分からないが、2番人気でも〔0.1.1.1〕だから、信頼に足りそうだ。

サトノダイヤモンド

データ班の御眼鏡に適った馬はサトノダイヤモンド(撮影:日刊ゲンダイ)

穴の使者はこの2頭

 過去10年で見ると、ジャパンC組と同じ3頭の勝ち馬を出している天皇賞(秋)組。ここから直行して馬券に絡んだ馬は全部で4頭。共通点は中山でGII勝ちか、GI連対があること。4頭中3頭はその前走の天皇賞(秋)で6着以内だった。これに当てはまるアドマイヤデウスを押さえてみたい。

 もう1頭挙げるなら金鯱賞1着のヤマカツエース。金鯱賞組自体は施行時期が移ってから4年間で〔0.2.0.8〕だが、上がり3F3位以内で3着以内、という条件に限れば〔0.2.0.2〕となる。こちらも馬券妙味は十分だ。

結論

◎サトノダイヤモンド
○キタサンブラック
▲ゴールドアクター
△サウンズオブアース
△アドマイヤデウス
△ヤマカツエース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル