“現役最強”サトノダイヤモンド その輝きを凱旋門で放て!

佐藤直文 レース回顧
有馬記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂を上がって圧巻の伸び サトノダイヤモンド

 過去を振り返れば、思わぬ大波乱決着も度々あった有馬記念だが、今年に関して言えば、純粋に強い馬が勝つレースになるのではないか、と考えていた。その理由は色々あるが、タイトなローテーションを選んだ馬が少なく、活力のあるメンバーだということ。トリッキーなコースの適性や、枠順や展開を吟味するよりも、長距離重賞でのベストパフォーマンスを比較する方が話も早いのではないだろうか、と考えて、◎はサトノダイヤモンドに託した。

 宣言通りにマルターズアポジーの大逃げとなった序盤だが、離れた2番手のキタサンブラックはマイペースでハナを切っているのと同じ形であった。スタンド前では中団馬群の外目で運んでいたサトノダイヤモンドだが、その流れを察知したルメール騎手が1コーナーから動いて行き、2コーナーでは早くもキタサンをピタリとマークする形に。直線を向くと、坂下まではなかなか前との差が詰まらなかったが、坂を上がってからの伸びは凄かった。結果、辛勝となったのは、相手も強かったことと、早目に勝ちに動く形となったためであり、序盤からもっとペースが流れて中団でドンと構える競馬であったら、おそらく完全に抜け出していただろう。とにかく来年は無事に凱旋門賞を迎えてほしい、と願わずにはいられない。

サトノダイヤモンド

粘るキタサンブラック(奥)をゴール前で捉えたサトノダイヤモンド(手前)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着キタサンブラックは、目標とされるのを承知の上で自分の競馬に徹した横綱相撲。厳しい後続のプレッシャーに耐え、直線でも二の脚を繰り出してのクビ差負けなら、これは勝ち馬を褒めるしかない。3着だった昨年と比べてもはるかに進化した姿を見せたと言えよう。

 3着ゴールドアクターは、キタサンを前に見る昨年と同じような競馬。直線で並びかけたところまでは計算通りだったかもしれないが、相手が昨年よりも進化していることを鞍上は計算に入れてなかったか。機を見るに敏で勝ちに動いたルメール騎手とは好対照で、自らがキタサンにプレッシャーをかける気概が欲しかった。

 4着ヤマカツエースは、好枠を利して道中はロスなくインで運び、勝負どころでは包まれて動けなかったものの、直線では馬群を巧く捌いて脚を伸ばした。上位3頭が前で運んだ展開や、その能力レベルを考えても、来年の飛躍が期待できる大健闘だったと言える。

 5着ミッキークイーンは、時計のかかる馬場よりも高速馬場でこその馬。それを考えれば、今日の馬場で5着なら上々の走りであり、条件さえ合えばまだ牡馬の一線級と伍して戦える馬だ。

 サウンズオブアースは、前走のジャパンカップだけ走れば、より持ち味の生きる中山でチャンスありと見ていたが、追い上げる際の反応が一息で、坂を上がったところで止まってしまった。後方から外を回って追い上げる形では届かない流れだったことも確かだが、自分で競馬を作れない弱味が出たようにも思える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル