究極仕上げで完勝コマノインパルス 今後のポイントは“リフレッシュ”

佐藤直文 レース回顧
京成杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

余裕の抜け出し コマノインパルスが皐月に名乗り

 ともに同じ舞台でレイデオロが勝った暮れの葉牡丹賞とホープフルSの上位組が人気を集めた一戦。決着タイムの2分2秒5は、それらのレースと比較すると平凡と言えるかもしれないが、当時との馬場差や前半1000m61秒6という落ち着いた流れを考えれば、けっして悪くはない時計だ。馬群が凝縮した展開の中で、上手な競馬ができたか否かが勝負を分けたように思う。

 コマノインパルスは、暮れからビシビシと追われて究極の仕上げと言えたが、仕上げ過ぎのためかイレ込みも目に付いた。ただ、レースに行くと後方でピタリと折り合い、勝負どころから外を回ってジンワリとポジションを上げる形。直線を向いてからは余裕の手応えで抜け出す完勝劇であったが、最後に内にササって後続に詰め寄られたあたりが今後の課題だろう。このあとはリフレッシュが不可欠と言えるが、再び今日のような仕上げで臨めるのであれば、クラシックでも目が離せない一頭となるだろう。

コマノインパルス

コマノインパルス(黄帽)が着差以上の完勝劇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ガンサリュートは、後方でじっくりと脚を溜め、勝ち馬の後を追うように伸びてきた。鞍上の好騎乗も光ったと言えるが、相手なりに走れる渋太さと、未勝利戦で強敵相手に戦ってきたキャリアが生きた形だ。

 3着マイネルスフェーンは、ポンと好スタートを切りながら下げて後方から運んだのは、おそらく当初からの作戦だったろう。シュミノー騎手が乗った前走のようなイメージと思えたが、今日の流れでは前走のように内が開かず、結果、直線半ばで外へ持ち出して猛追するも脚を余してしまった形。勝ち馬のような上手な立ち回りができていれば、あるいは勝てたのではないかと思えるほど、残念な競馬であった。

 4着ジュニエーブルは、直線を向いてバランスを崩すシーンがありながらも、坂を上がってからの伸び脚は目に付いた。連闘でこれだけ走れば立派なもので、自己条件に戻ればチャンスは近いだろう。

 5着アサギリジョーは、中団で流れに乗って、直線では外から来た勝ち馬と一緒に伸びて一旦は2番手と、見せ場を作った。葉牡丹賞で勝ち馬に次ぐ3着と走った馬であり、現状の力は示せたように思う。

 ベストリゾートは、掛かり気味に先行する形となったが、急仕上げでの好走だった前走のホープフルSから、上積みではなく反動が出てしまったか。シンガリ負けのイブキは、これまで好走してきた東京1800mや新潟1600mに要求される資質が、中山2000mでは役に立たなかったと見ることもできるが、それにしても負け過ぎであり、状態面にも問題があったのだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル