一皮剥けたサトノクラウンが連覇 3着マカヒキの復活は…

佐藤直文 レース回顧
京都記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明暗を分けたGI馬対決 サトノクラウンが国内戴冠へリーチ

 従来なら春の天皇賞を見据えた戦いとなるレースだが、今年からはGIへ昇格した大阪杯へのステップという意味合いも持ち、有力馬の仕上げや始動も早くなるために重要度も増す一戦に。ここは、GI馬2頭の始動戦ということでも注目されたが、その2頭が明暗を分ける結果となった。

 サトノクラウンは、前が1000m通過60秒2で飛ばす展開だったが、離れた3番手で運んだこの馬のペースはスローと言って良かった。58キロを背負いながらいつもより前目のポジションで、敢えてマカヒキに目標とされる形で運んだことも、適度に時計のかかる馬場への適性に鞍上も自信を持って乗ることができたからであろう。プラス6キロの体は先を見据えて明らかに余裕残しであったが、太くても息はちゃんとデキていたあたり、陣営の仕上げも見事と言うしかない。これまでは精神面の問題で凡走もしてきた馬だが、完全に一皮剥けたと言える走りであった。

サトノクラウン

落ち着いたレースぶりで連覇を達成したサトノクラウン(緑帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着スマートレイアーは、流れに乗りつつ脚を溜める形で、持ち前の渋太さを遺憾なく発揮したもの。全く衰えを見せない7歳牝馬にとって、戦いの場がさらに広がる好走となったように思う。

 3着マカヒキは、勝ち馬を見る形で運びながら、結果的に馬体が合ったのは、相手の手応えにまだ余裕があったラスト1ハロンの地点。もう少し早目にマークするべきだったが、そこまでできなかったのだろうし、最後に突き放されたあたりも、この馬本来の走りではなかったと言える。ただ、502キロがダービーと全く同じ体重だったように、思ったほど成長し切れていない印象も受けた。久々としては悲観する内容でないにしろ、次は間違いなく復活する、とまでは言い切れない。

 4着ミッキーロケットは、上がりは最速でゴール前の伸びも目立ち、道中のポジションの差と言ってもいいが、前走よりはワンランク上のレベルの馬が相手だったことを考えれば、御の字の内容かもしれない。

 5着アングライフェンは、マカヒキを目標に動いて、直線でも見せ場を十分に作っていた。今日のメンバーでコンマ3秒差であれば、GIIIの重賞なら手が届くだけのレベルにあると見ていい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル