良馬場で汚名返上 ペルシアンナイトが勇躍クラシックへ

佐藤直文 レース回顧
アーリントンカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計も優秀 ペルシアンナイト

 前半3ハロンが35秒3で、持って行かれ気味の馬もいたほどのさほど速くない流れ。開幕週の馬場とはいえ、木曜にまとまった降雨があってパンパンの良馬場ではなかったことを考えても、決着タイムの1分34秒1はなかなかの好時計と言える。

 ペルシアンナイトは、道中は後方で控えていたが、直線を向いて鞍上が仕掛けると、残り300mあたりの地点であっという間に先頭に立った。その反応の良さもさることながら、デムーロ騎手にも相当な自信があったのだろう。抜け出してからも後続との差を広げての圧勝劇であった。このあとはクラシック参戦とのことだが、前述した時計の優秀さからも、NHKマイルCに出走してくれば有力視できそうだ。

ペルシアンナイト

2着に3馬身差をつけて重賞初Vを果たしたペルシアンナイト(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着レッドアンシェルは、これまた後方から勝ち馬を追う形だったが、勝ちに行ってではなく、まだ競馬を覚えて行く段階で2着が転がり込んだと見るべきか。もうワンランクの成長が待たれるところだ。

 3着ディバインコードは、セールスポイントである立ち回りの巧さはそれなりに見せたとはいえ、追って一息だったあたり、マイルは少し長いか、という印象を受けた。

 4着ヴゼットジョリーは、前走が3ヶ月半ぶりでマイナス10キロの馬体では仕方なかったと思えたが、そこから2ヶ月半ぶりで馬体がほとんど戻っていないあたり、成長が一息だったか。調教内容自体は良かっただけにもっと走れるかとも思っていたが、今後は馬体増が好走への必須条件と言えるだろう。

 5着ジョーストリクトリは、中団から流れ込んだだけ。初距離とすれば悪くない内容とも言えるが、活躍の場はやはり1400mだろう。

 キョウヘイは、速い時計の決着に対応できなかったと見るべきかもしれないが、追われてからも走りに集中できていない感じで、気性的に難しい馬なのかもしれない。ミラアイトーンは、返し馬の時点でテンションが高く、持って行かれてしまったもの。この着順が能力を示すものではないが、これまた気性面での成長が待たれるところだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル