実った中舘厩舎の努力 コウソクストレートが重賞初制覇

佐藤直文 レース回顧
ファルコンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その名に恥じぬ直線の伸び コウソクストレート

 馬場が改修されて距離も1400mとなってからの過去5回の好走馬を見ると、スプリント色の濃い馬よりも、しっかりとした末脚を使えるマイラータイプが多い。直線が長くて急坂もあるというタフなコース設定が、その最たる理由だろうが、メンバー中でそのイメージにピッタリと思えたのが、マイル戦のジュニアCで豪快な差し切り勝ちを演じたナイトバナレットだ。単勝1番人気の支持も十分に頷けたのだが…。

 前半3ハロンは34秒0と適度な流れだったが、勝ったコウソクストレートは中団の後方でピタリと折り合い、直線では馬場の真ん中から力強い伸びを見せたもの。立て直されて仕上り自体も良かったが、馬具を工夫するなどした陣営の努力も実ったと言える。前走シンザン記念の惨敗は、制御が利かなかったこともあるが、やはり馬場が応えたものだろう。戦績が示す通り1400mがベストなのだろうが、このタフなコースを克服できたのなら、NHKマイルCにも光が見えたと言える。

 2着ボンセルヴィーソは、ハナへ行ったここ2走とは違い、好位で流れに乗る形。今後を考えても試しておきたい競馬の形だったように思えるが、それでしっかりと結果を出したあたり、やはり朝日杯3着はフロックではなかったと言っていい。これまた1400~1600mが今後も活躍の場となりそうだ。

 3着メイソンジュニアは、好位追走から直線でインをすくってアワヤのシーン。芝では1200mしか距離経験のなかった馬だが、マイルくらいまでなら距離もこなせそうなタイプだ。

 4着ダイイチターミナルは、勝ち馬よりも後ろの位置から外を回って目立つ伸び脚を見せたもの。小倉2歳S2着以降は、距離が延びるにつれて着順も下げていたが、自分の競馬に徹することで持ち味を生かせたように思う。

 5着デスティニーソングは、中団から最後まで渋太く脚を使っていたが、これは1400mまでのタイプか。

 そして1番人気のナイトバナレット。立ち遅れて後方からとなったのはこれまでと同じだったが、そこから馬群に取り付くまでに脚を使い、そのまま大外を回る形で脚を溜めるシーンがなかった。これだけ途中で脚を使わされては、ガス欠も止むを得ないだろう。3着だった2走前の1・2着馬が中山日曜のスプリングSで2・1着だったことを考えても、能力は確かな馬。この一戦で見限るわけにはいかない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル