前向きな走りで父アンライバルドに初勝利をプレゼント トウショウドラフタ

【優馬2歳馬チェック】
今年が初年度産駒のデビューとなるアンライバルド。その父に初勝利をプレゼントしたのが名門、トウショウ一族の血を引くトウショウドラフタだった。また、翌日の東京1800mを勝ち上がったメジャーエンブレムもキラリと光る強い勝ちっぷり。

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センス◎ トウショウ一族の血を引く トウショウドラフタ

6/13(土) 東京5R 2歳新馬 芝1400m
トウショウドラフタ 牡 馬体重:452kg
★★★★★ 5点〔1600万クラス〕
騎手:吉田豊 厩舎:(美) 萱野
生産: トウショウ牧場
父アンライバルド
母ウィッチトウショウ(ジェイドロバリー)

抜群のスタートを決めて2番手を追走。4角辺りでは早くも先頭に立とうかという行きっぷりで、直線ではそのまま独走し2馬身半差V。やや頭の高い走りではあるが、手前の替え方もスムーズで走りはシッカリ。上がり③Fが11.4-11.1-12.1と、最後の①Fはややかかったが、流し気味だったことや雨上がりの馬場を考慮すれば、1分22秒7の勝ち時計も併せて評価できる。

父アンライバルドに中央初勝利をプレゼントしたトウショウドラフタ(撮影:日刊ゲンダイ)

父アンライバルドに中央初勝利をプレゼントしたトウショウドラフタ(撮影:日刊ゲンダイ)

関係者の声

松下助手 「少し頭の高い走法ですが、前向きな気性で実戦に行って良さそうです。」

馬体診断

非常にまとまりの良い馬体で、シッカリと仕上がる。後肢の軽やかでいて深い踏込みが目に付いた。1400mでのデビューではあったが、特に胴が詰まった体型でもなく、距離は延びても対応できそうだが、前向きな気性が少し気掛かりでもある。現状では朝日杯FS~NHKマイルC路線を目指すのがベターか。

血統診断

「トウショウ」一族ゆかりの血統で、曾祖母は桜花賞3着馬。祖母のサマンサトウショウはエプソムC優勝、マイルCS3着などがある名牝、その孫の世代には宝塚記念などGI3勝のスイープトウショウがいる。父は超良血の皐月賞馬で今年が産駒デビューの年。母方から受け継いだであろう気性の激しさが、旺盛な競走意欲にも繋がっており、血統構成からは芝の中距離路線向きか。

馬券の狙い目→芝1600~2000m、東京コースのマイル前後が現状ベスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル