ハンデ戦だから? ダービー卿CTは4~5歳馬が有利

重賞データ攻略
ダービー卿CT
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンデGIIIだが、安田記念へと繋がる重要な一戦。一昨年の勝ち馬モーリスのようにマイル路線を牽引する存在は現れるのか、データで徹底検証。

好調な4~5歳馬が馬券の中心

 過去10年を振り返ると、6歳以上で勝ったのは2010年のショウワモダンだけ。ハンデGIIIというレースの性質からも、比較的若い馬に分があるレースなのだろう。

年齢別成績(阪神開催の2011年を除く過去9回)
4歳〔3.5.2.32〕連対率19.0%
5歳〔5.2.5.25〕連対率18.9%
6歳〔1.1.1.27〕連対率6.7%
7~8歳〔0.1.1.28〕連対率3.3%

 勝率や複勝率では5歳馬の方が上だが、連対率では互角。ともあれ、基本的には4~5歳馬を中心に馬券を組み立てたい。

1600万勝ち直後でも通用

 一昨年のモーリスのように1600万勝ち直後でも好走が可能なのが当レースの特徴。

前走レース別成績(阪神開催の2011年を除く過去9回)
東風S〔2.4.4.22〕
阪急杯〔2.1.0.8〕
東京新聞杯〔1.1.0.12〕
武庫川S(1600万)〔1.0.0.1〕
スピカS(1600万)〔1.0.0.1〕
道頓堀S(1600万)〔1.0.0.0〕
京都牝馬S〔1.0.0.0〕
中山記念〔0.1.3.11〕

前走クラス別成績(阪神開催の2011年を除く過去9回)
1600万〔3.1.1.9〕
OP特別〔2.4.4.45〕
GIII〔4.3.0.38〕
GII〔0.1.3.17〕
GI〔0.0.0.4〕
地方・海外〔0.0.1.1〕

 前走・1600万組についてみていくと、馬券に絡んだ5頭全馬が4番人気以内かつ0.1秒差以上の着差をつけて勝利していた。また5頭中4頭がマイル戦での1600万勝ちだったことから、前走が1600m戦というのもポイント。

 メンバーで唯一、1600万勝ちから臨むのがキャンベルジュニア。その点は昨年と同じだが、昨年は小倉の芝1800m戦を勝ち上がっての参戦だった。データ的には昨年よりも信頼できるはず。

狙いは前走OP好走馬

 阪神開催の2011年を除く過去9回を振り返ると、好走のポイントはマイル戦で1着経験(1~3着馬27頭中24頭)、中山で連対実績(1~3着馬27頭中21頭)、4~5歳馬(1~3着馬27頭中22頭)の3つが挙げられる。

 ショウナンアデラロイカバードは中山未経験でややマイナス。前述のキャンベルジュニア以外ではグランシルクダンツプリウスロジチャリスの3頭がここで浮上する。この3頭の共通点は前走がOP特別であることだが、馬券に絡んだ前走・OP特別組は10頭全馬が東風S。また、2010年以降の5頭は全馬が4着以内であり、ロジチャリスは要マーク。そう考えると、6歳馬ではあるが、東風S2着のダイワリベラルも馬券に加えておきたい。

 一方で、東風Sと同じ中山1600mのOP特別、ニューイヤーSから参戦するのがグランシルク。やや間隔はあいたが、前走が中山1600mのOP特別という枠組みで考えるなら2着という着順も含めてマイナスにはならないか。当舞台では3歳時のニュージーランドTでヤマカツエース(金鯱賞連覇)の2着、京成杯AHではタイム差なしの4着と、重賞でも好走しており、侮れない存在だろう。

グランシルク

5歳馬グランシルクも圏内の1頭(撮影:日刊ゲンダイ)

結論

キャンベルジュニア
ロジチャリス
ダイワリベラル
グランシルク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル