GI昇格・大阪杯 好走ポイント×5をクリアした初代王者候補とは…

重賞データ攻略
大阪杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよGI昇格となった大阪杯。昨年のダービー馬マカヒキに年度代表馬キタサンブラックなど、GIに相応しいメンバーが集結。初代王者は一体どの馬か?

1着馬の条件は5つ!

 今年からGIとなり、それまでは12月に開催されていた金鯱賞が3月へ移ったが、メンバーの質の高さは例年通りか。そう大きく傾向が一変するとも考えにくく、GII時代のデータを元に考えてみたい。

大阪杯1着馬のポイント(過去10年)

  • 前走6着以内(10頭中10頭)
  • 前走5番人気以内(10頭中8頭)
  • GII以上での連対実績(10頭中9頭)
  • 阪神コースで1着経験(10頭中9頭)
  • 2000mで1着経験(10頭中9頭)

 勝ち馬の共通点としては以上の通り。そして今回、上に挙げた5つのポイントを全てクリアしたのはアンビシャスのみ。昨年の当レースではキタサンブラック以下を撃破、3歳時の共同通信杯ではドゥラメンテ、リアルスティールに次ぐ3着があり、素質はGI級。ここで悲願のタイトル獲得とみる。

アンビシャス

昨年の勝ち馬アンビシャスがGIとなった今年も最右翼(撮影:日刊ゲンダイ)

上位争いは4~5歳馬が中心

 過去のデータを振り返っていくと、このレースでは4~5歳馬の活躍が目立つ。ステップとしては有馬記念の他に中山記念や京都記念などのGII戦が好走例の多いグループ。前走をクラス別で整理すると、GIII以下からのグループは苦戦傾向で割引要素。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔6.3.3.15〕
5歳〔3.4.2.21〕
6歳〔1.2.5.25〕
7~8歳〔0.1.0.24〕

前走レース別成績(過去10年)
中山記念〔3.2.1.11〕
有馬記念〔3.1.3.10〕
京都記念〔1.2.2.5〕※2014年8着のビートブラックは一昨年の京都記念に出走
ジャパンC〔1.1.1.2〕

前走クラス別成績(過去10年)
OP特別〔1.0.0.18〕
GIII〔0.2.0.29〕
GII〔4.5.4.21〕
GI〔4.2.6.16〕

 また、近年の傾向について探っていくと、より「実績」が問われているようで、過去5年の1~3着馬15頭中13頭は近3走以内に「GI5着以内」か「GII1着」の実績があった。また、年明け以降に出走歴があるなら5着以内を外していないことも条件のひとつ。この2点を踏まえると、アンビシャス以外ではキタサンブラックサトノクラウンマカヒキミッキーロケットヤマカツエースが浮上する。

GI勝ち馬の信頼度は?

 大阪杯ではGI勝ち馬の成績が過去5年で〔3.2.4.12〕、複勝率は40%を超える。そうなると、GI勝ちのあるキタサンブラックサトノクラウンマカヒキの3頭は相手候補として一段上だろう。

 サトノクラウンマカヒキは当レースと相性の良い京都記念組。そこから馬券に絡んだ5頭中4頭は前走3着以内、4頭は前走2番人気以内。サトノクラウンは3番人気での勝利だったが、それほど評価を落とす必要はないか。

 一方、キタサンブラックマカヒキは今回と同じ2000mのGI・皐月賞で3着以内の実績がある。このレースでは皐月賞で3着以内に入っていた馬が過去10年で〔3.1.3.8〕。半数近くが馬券に絡んでおり、中でも4歳馬なら〔2.1.2.1〕と高い信頼性を誇っているだけに、マカヒキの巻返しは十分に期待できる。

結論

◎アンビシャス
○マカヒキ
▲キタサンブラック
△サトノクラウン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル