牡馬と戦ってきた底力 ミッキークイーンが復活の狼煙

佐藤直文 レース回顧
阪神牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう一度女王の座へ ミッキークイーン

 土曜の阪神は、小雨が降り続いて、芝は終日重馬場に。日曜の桜花賞と同じ舞台だということもあり、本番での有力馬に騎乗するジョッキーがどんな競馬をするか、という点でも注目された一戦だった。

 ミッキークイーンは、道中は中団馬群でじっくり脚を溜め、直線を向いてスムーズに外へ持ち出されると、本来の末脚を遺憾なく発揮して抜け出したもの。未勝利勝ちこそ重馬場だったものの、以降は今日のような道悪の経験がなかった馬だが、ディープインパクト産駒の割りには、こなせるタイプであることを証明した形で、A級牡馬と伍して戦ってきた底力も示したと言える。昨年こそタイトルに恵まれなかったが、今年は牝馬戦線で主役を演じることができるはずだ。

ミッキークイーン

道悪をこなした1番人気ミッキークイーンが久々の重賞制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アドマイヤリードは、後方追走から直線ではガラ空きのインをついて脚を伸ばしたもの。同じ外枠とはいえ脚質が違うだけに、ルメール騎手がソウルソターリングの予行演習をしたわけではないだろうが、馬自身の道悪適性を示すには十分な内容だった。

 3着ジュールポレールは、好位から流れに乗る自分の競馬で、直線では手応え十分に一旦は抜け出して見せた。最後は現状での力の差で、力は出し切れたと見ていい。

 4着クロコスミアは、途中からハナに立つ形の逃げで、直線でもラチ沿いを走って前半の貯金を生かした形。小柄だが、こういう馬場も合っている。

 5着エテルナミノルも、前々で運んでことにより、道悪にもがく後続を抑えての掲示板確保だった。

 クイーンズリングは、内枠のせいもあったのだろうが、デムーロ騎手がスタートで出して行って一旦はハナに立つ形。折り合い自体は付いていたが、直線で追われて全く反応しなかったあたり、落鉄に加えて馬場も合わないのだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル