初コンビ石橋脩が好騎乗 サンデーウィザードが叩き合いを制す

佐藤直文 レース回顧
新潟大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い直線で長い叩き合い サンデーウィザード

 稍重発表ながら、馬場の回復が進んで1分58秒6という良馬場並みの決着タイム。この決着で、1000m通過が59秒8もかかっていたということを考えれば、後方待機組には厳しい流れだったと言えるだろう。

 サンデーウィザードは、先行勢を見る形での絶好位で運び、直線では2着馬の内に馬体を併せる形で、持ち前の長くいい脚を使った。最後まで渋太かった2着馬とはハンデ差もあって競り勝てたと言えるが、これがテン乗りだったと思えない石橋脩騎手の好騎乗ぶりが光ったと言える。

 2着マイネルフロストは、道中2番手の積極策で、ペース的にも恵まれたところはあったが、最後まで勝ち馬に抵抗できたのはブリンカーの効果もあったろう。近走こそ一息続きだったが、ローカルGIIIのレベルならまだまだやれる馬だ。

 3着メートルダールは、中団からジリジリと差を詰めたが、前2頭には2馬身差まで。準オープンのレベルならこの競馬で勝てたわけだが、やはり重賞では勝ちに行く競馬をしないとダメだということだろう。

 4着フルーキーは、トップハンデを背負っていた上に、流れも向かず。むしろ、それでこの着順ならよく走っている。

 5着バロンドゥフォールは、中団の前目でうまく流れに乗って、直線でも渋太く粘り込んだ形。ハンデも恵まれていたとはいえ、前走に続いての好走で、今後も目が離せないだろう。

 ジュンヴァルカンは、今回も出遅れて後方からの競馬。2000mが距離不足かもしれないが、今日のところはそれ以前に終わってしまったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル