ユメが広がる勝ちっぷり 次元の違う末脚で、ノンコノユメ圧勝

佐藤直文 レース回顧
函館スプリントSユニコーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻のシンガリ一気 ティーハーフ 【函館スプリントステークス】

 こちらは前半3ハロンが33秒0。逃げ宣言のアンバルブライベンがハナへ行けなかったほどのハイペースで、しかも直線では馬場のいい内目が密集状態。そのことが、外を回った追い込み馬のワンツーという、予期しずらかった決着を生んだように思える。

 ティーハーフは、これまたスタートでダッシュが付かず、序盤は馬群から離れたシンガリから運んだもの。しかし、3コーナー過ぎから外を回って進出すると、直線でもトップスピードのまま抜け出す強さだった。展開が向いたことも確かだが、追い込んで2着に2馬身半差は、この距離では圧勝と言えるものだ。輸送に弱い面のある馬にとって滞在競馬も合っていたのだろうし、兄に来日実績もある香港のラッキーナインやサドンストームといった一流スプリンターを持つ良血馬が、完全に本格化したと見ていい。

 2着アースソニックは、大外枠もあってか、後方から外を回っての直線勝負に賭けたが、見事にハマったもの。3着レンイングランドは、これまで逃げ・先行でしか実績がなかった馬だが、こんな競馬ができるとは驚いた。札幌で勝ち鞍があるように、洋芝が合うのか。それにしても手を出しづらい馬ではあった。

 アンバルブライベンは、ハナへ行けなかった誤算はあったが、この厳しい流れで5着に踏み止まった点は評価できる。コパノリチャードは、アンバルブライベンを意識するポジションで運んだが、全くらしさを見せなかったあたり、体調にも問題があったか。ローブティサージュは、直線で密集したインを狙ったものの、全く前が開かず何もできないままの入線。馬群を割って伸びた昨年(2着)のイメージで乗られたのだろうが、人気馬として少しリスキーな乗り方だったように思える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル