スローペースでまさかの先行決着 センスの違いでフロンティア

佐藤直文 レース回顧
新潟2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長くいい脚を使い、着差以上の完勝 フロンティア

 このレースで求められるのは、直線の長い外回りコース向きの瞬発力であり、実際に昨年までの過去10年で、上がり3ハロン最速の数字をマークした馬が、5勝、2着4回、4着1回と、圧倒的な実績を残している。そして、それに相反するように、逃げ・先行馬が不振の傾向。予想上のアプローチも必然的に瞬発力重視となるのだが、今回はレースの上がりが33秒0で、勝った道中2番手の馬が32秒9、逃げた2着馬が33秒1の上がりでは、後続は成す術がなかったと言える。

 フロンティアは、好スタートから一旦は押し出されるようにハナへ立ったが、スッと抑えることができたあたりは、抜群の操縦性。加えて、前半1000m61秒6のスローな流れを、デビュー戦同様にスムーズに折り合うセンスも若駒離れしていた。直線では2着馬の抵抗もあって突き放すことはできなかったが、ダイワメジャー産駒らしく長くいい脚を使い、着差以上の完勝だったと言える。

フロンティア

フロンティア(黄帽)が粘るコーディエライトを競り落として優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着コーディエライトは、二の脚の速さで大外から果敢にハナを奪ったが、プレッシャーを受けずにマイペースで運べたのが良かった。直線でも手応え以上の渋太さを見せて勝ち馬に食い下がっており、これまたダイワメジャー産駒らしい走り。瞬発力勝負になっては分は悪いだろうが、スピードの持続力が問われるレースになれば、今後も目が離せない。

 3着テンクウは、初戦でマークした上がり33秒7がメンバー最速の数字で、ある程度控えて運ぶかと思っていたが、スタートから出して行って好位で流れに乗せたことは、鞍上のファインプレーだった。ただ、32秒6という上がり最速の数字をマークしても届かないほど、今日は前2頭の競馬だった。

 4着エングローサーは、前とは離されたとはいえ、立ち遅れて後方で運んだ割りにはよく脚を伸ばしていた。今後に繋がる競馬はできたように思う。

 5着キボウノダイチは、好位で運んで流れ込んだものだが、直線で一旦は勝ち馬に並びかけるかのシーンもあったように、積極的な競馬が功を奏した形だ。

 プレトリアは、ある程度の位置で運べていたが、周りに気を遣いながらの走り。現状では初戦のような形でしか力を発揮することができない印象を受け、気性面での成長が待たれる。ムスコローソは、少し掛かり気味だったのに加え、道中で前が詰まって最後方まで下がってしまったもの。今回に関しては最内枠がアダとなってしまったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル