アンビシャス、驚きの強さ マイル路線でビッグタイトルを取れる馬

佐藤直文 レース回顧
CBC賞ラジオNIKKEI賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

鮮やかだったイン強襲 1200mでもウリウリ 【CBC賞】

 中京の芝は前日の稍重から、ひとつ悪化しての重発表。高松宮記念よりも更に時計がかかって、馬場改修後ワーストとなる1分9秒1の決着となったのも、けっしてレースレベルが低かったわけではない。

 そういう馬場ではあったが、上位は斬れ味比べの競馬となった。中でもウリウリは、直線で前がズラーッと壁になったところで、岩田康騎手が思い切ってインへ。最後は馬1頭分のスペースをこじ開ける“らしい”騎乗で、持ち味を生かし切った。初の1200mということもあって前半は追走に少し苦しんだが、こういう馬場の適性も高く、牝馬で55.5キロという実質のトップハンデだったことを考えても、強い内容の競馬だったように思う。

インから鋭い末脚を繰り出したウリウリ(撮影:日刊ゲンダイ)

インから鋭い末脚を繰り出したウリウリ(撮影:日刊ゲンダイ)

 ダンスディレクターは、前走の京王杯スプリングカップほどではなかったが、直線で少しモジモジしてから脚を伸ばしたもの。勝ち馬とはコース取りの差とも言えるが、重賞でも決め手が通用することを示す2着であった。サドンストームも、最後は伸び負けしたとはいえ、57キロを背負って伸びたもの。末脚の確実性は評価できる3着。人気こそ割れていたが、上位3頭の順当な結果であった。

忘れずに買おう 次走の注目馬

 この福島、新潟は、私佐藤のダブルセレクトで。まず1頭目は、福島土曜3R、3着テセラレフィナード。骨折明けの1年ぶりでプラス30キロの馬体だった上に、ジョッキーもおっかなびっくりの騎乗。それで3着なら、今の未勝利では能力が違うということで、順調に次走を迎えることができれば、アッサリだろう。

 2頭目は、福島土曜7R、12着モントレーベイ。後方から自分の競馬に徹したが、流れもコースも向かなかったもの。新潟2000mで見直したい。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル