またもや魅せたルメールマジック ディアドラが雨中に笑う

佐藤直文 レース回顧
秋華賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

馬の強さにジョッキーの腕が融合 ディアドラ

 土曜の京都が終日良馬場だったこともあって、当日は雨でもせいぜい稍重止まりの馬場になるのでは、という希望的観測もあったが、レース史上初めて重馬場での施行となってしまった。そんな馬場を考慮すれば前半1000m59秒1はかなり速いラップだが、渋れば渋るほど追い込みも利かなくなる京都内回りコースだけに、先に行っても後ろから行っても厳しいレースであったことは確かだ。能力や馬場適性はもちろんのことだが、こういう競馬で勝負を分けるのはジョッキーの判断力であろう。

 ディアドラは、レース序盤こそ無理をせず後方で運んだが、中間点を過ぎたあたりで進出を開始。ただ、ここ2戦のように外を回って捻じ伏せる競馬では、メンバーや馬場を考えれば厳しいという鞍上の判断があったのだろう。馬場の外目を目指す馬が多かったこともあって、インをスルスルと進出して4角では射程圏。道悪も巧いのだろうが、こういう進路を咄嗟に選んだルメール騎手の判断力には恐れ入る。直線で馬群を捌くと、ラスト100mは一頭だけ良馬場で走っているかのような伸びだった。紫苑Sの内容やオークスでも上がりは最速だったように、キレ味身上に見られがちなタイプだが、実のところはタフな競馬に強いハービンジャー産駒。そんな馬の強さに加えて、ジョッキーの腕が見事に融合しての勝利だったように思う。

ディアドラ

巧みな進路取りから差し切り勝ちを収めたディアドラ(橙帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着リスグラシューも、前半は折り合い重視で運んで、3角過ぎから馬群の外目を手応え十分に進出。そのまま突き抜けるかの勢いがあったが、直線半ばで本来の鋭さを失ったあたりは、馬場とコースロスの分だったか。最後に勝ち馬が来てから、もう一度渋太く伸びたが3着馬を交わすのが精一杯だった。

 3着モズカッチャンは、好位を運んで4角では先頭に並びかけ、直線で一旦は完全に抜け出す形。一頭になったしまったことと、目標になったことで上位2頭に交わされたが、一番強い競馬をしていた。しかも序盤で落鉄しながらの走りだったことを考えれば、無冠に終わっても世代トップレベルの力は示したと言えよう。

 4着ラビットランは、馬場や枠順もあってかポジションを取りに行く今までにない競馬だったが、直線でも手応えの割には最後まで渋太く伸びていた。こういう競馬ができたのは収穫だったとはいえ、本来は良馬場でこそのタイプだろう。

 5着カワキタエンカは、前走のローズS同様に自ら速いラップを刻んでの逃げで、直線で交わされてからもバッタリは止まらなかった。ペースに関係なく、とにかく気分良く走ることができれば、というタイプなのだろう。

 アエロリットは、テンから番手で控える策だったが、序盤は力みが見えて持って行かれ気味の走り。そのあたりの消耗が最後の失速につながったと言える。距離自体は大丈夫と思える馬だが、気性面の問題に尽きるだろう。ファンディーナは、好位を運べていたが、4角で3着馬に交わされてからは全く伸びず、覇気のない走りだった。状態面でまだまだだったと言えるが、復調には少し時間がかかるかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル